2019年11月25日

万歩計の歩数の表示がおかしい?

 現在、オーツは万歩計を身につけています。
 ずっと歩数を計測しているわけではなく、ある時期にはずっと計測して、ある時期には止めてしまったりしています。10年ほど前にも数年間にわたって計測を続けたことがあります。
2008.9.11 http://o-tsu.seesaa.net/article/106373103.html
 最近、ここ半年くらいはずっと計測しています。今回は、安い万歩計を買ったので、ただ歩数をカウントして表示する機能しかありません。自分でリセットボタンを押すと0に戻るというだけです。毎朝、風呂に入って体重を量るときに、万歩計の数値を紙に書き、0にリセットしています。こうして前日分の歩数を記録しているわけです。
 さて、しばらく歩数計を使っていると、ときおり、毎日の歩数が小さめに出ることに気がつきました。ゼロになるのではなくて、ちゃんと歩数が表示されるのだけれど、前日の行動を勘案すると、思ったほどの歩数でないという現象です。万歩計のボタン電池が弱ったのかと思って、新しいものに替えましたが、この現象は変わりません。
 いつも小さめに出るなら、日ごとの相対的な比較ができるので、あまり困ることはないのですが、小さく出るときもある一方、きちんと歩数を表示する(主観的印象ですが)ときもあるといった状態になり、困ってしまいました。
 なぜ、こうなるのか。
 あるとき、原因に思い当たりました。オーツがはいているパンツです。
 以前から、万歩計はズボンのベルトに付けていたのですが、これは不便だということで、パンツに付けるようにしたのでした。なぜズボンのベルトは不便かというと、二つの理由があります。一つは、オーツが衣類を普段着と仕事着に分けていますから、朝と夜の2回(仕事に出かけるときと自宅に帰ったときに)着替えています。ズボンのベルトに万歩計が付いていると、着替えるたびにそれを移動しなければなりません。これが不便です。パンツに付けておけばそういう手間が要りません。もう一つは、トイレです。ベルトを緩めて便器に腰掛けて用を足すわけですが、万歩計が付いているとベルトを緩めたり締めたりするのがちょっと面倒です。万歩計がベルトから外れて転がってしまうこともあります。
 そんなことを考えて、万歩計をパンツに付けるようにしました。パンツであれば、普段着も仕事着も無関係で同じものを履いています。トイレで用足しするときも、(ベルトと違って)ほとんど気になりません。
 ところで、オーツはパンツを2種類使っています。一つは、もうだいぶ前から使っている白いパンツです。かなりくたびれています。もう一つは、最近使うようになったグレーのパンツです。
2019.4.22 http://o-tsu.seesaa.net/article/465290886.html
 万歩計の表示は、どちらのパンツをはいているかで変わってくるのです。歩数が小さめに出るのは、白いパンツをはいているときです。これは、なかなか気がつきませんでした。
 なぜ、そうなるか。白いパンツは、腰のところに細いゴム紐が入っています。しかも、だいぶ古くなってきたこともあって、ややゆるめです。すると、パンツの位置がやや下がったところになります。パンツの腰(正確にいえばやや脇の腹)の部分に万歩計を付けると、万歩計がやや前かがみの姿勢になるわけです。(オーツが太り気味で、腹がやや出ていることが関係しています。)細いゴム紐を使っていることも影響しているかもしれません。これによって、万歩計が加速度を検出する際、方向がずれるので、1歩とみなさないことが増え、歩数が小さめに出ます。
 一方、グレーのパンツは、幅広の伸縮素材が腰の部分に付いています。新しいこともあって、腰のやや高い位置に伸縮素材が位置することになります。ちょっとだけきつい感じがします。ですから、万歩計がズボンのベルトに付いているのと同じような位置関係でセットされることになります。腰回りに付いているのが、細いゴム紐でなく、幅広の(まるでベルトみたいな)伸縮素材であることも影響していると思います。
 そんなわけで、どちらのパンツをはくかで万歩計の前傾の角度が異なり、結果的に計測した歩数が違ってきてしまうのでした。
 このことに気がつくまでに、相当時間がかかりました。はいているパンツによって万歩計の数値が変わってくるなんて、考えもしないですからねえ。
 それに気がついたので、その後は、万歩計をパンツに付けるのでなく、以前のように腰のベルトに付けるようにしました。ちょっと不便ではありますが、これで万歩計の表示は正常に戻りました。正常な値を表示しなければ、万歩計ではありませんから、不便はしかたがないものと考えています。
 ただし、仕事着はこれで問題がないのですが、普段着(のズボン)はベルトがなくて、ゴム紐になっています。そうすると、万歩計を装着すると若干角度が付くようです。まあ普段着は室内で着ていることが大部分で、あまり運動しませんから、このままでも大きな影響はないようにも思います。
 長年の不思議な謎(ちょっと大げさですが)が一つ解けたように感じました。
2020.5.26 追記
 さらにこの問題を考えてみました。
http://o-tsu.seesaa.net/article/475286461.html
よろしければご参照ください。
ラベル:パンツ 万歩計
posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。