2019年11月19日

大泉交通公園@練馬区

 とある土曜日、妻と一緒に5歳の孫を連れて大泉交通公園に行きました。
http://www.ooizumi-kotsu-kouen.info/
http://www.ooizumi-kotsu-kouen.info/info/
孫が自転車の練習をしたいというのです。以前にも妻と孫で来たところですが、今回は3人で来たということです。
 大泉交通公園は、子供が自転車の乗り方を学べるように考えられた施設で、入場無料です。
 オーツは 10:00 ころに妻と孫を公園の入口でクルマから降ろして、近く(公園から 200 メートルくらい)のコインパーキングにクルマを入れました。24時間最大で 700 円という掲示がありました。
 孫のヘルメットと膝・肘用のプロテクターを持参しました。(入口のところに貸し出し用のヘルメットが置いてありました。)孫は16インチの補助輪なしの自転車を借りました。
 係の人が着ていたジャケットにあった英語には「Children's Traffic Park」と書いてありました。この公園は子供向けの施設ですが、付き添いとして大人もたくさん来ていました。公園内には信号機もあり、交通ルールが学べるようになっています。信号機のところには係員がいて、ルール違反がないように見守っています。
 孫が外側の周回コースを走るところを見てみると、けっこうフラフラしています。コースに隣接している歩道部分に乗り上げてしまったり、たびたび転んだりしていました。午前中は、入場者が少なく、公園内は比較的空いていました。だから、転んだりしても、後続車のじゃまになることも少なかったと思います。オーツと妻はコースの半分くらいずつを担当する形で、孫の自転車を見守っていました。転んでしまったりするときにちょっと補助が必要な場合があるようです。
 どうにもフラフラ走っているので、18インチの自転車に変更しました。自転車は大きい方が安定して乗れるように思います。孫をサドルに座らせて、両足を地面に付けさせてみると、少しかかとが上がりますが、見た感じで十分乗れそうです。しかし、実際走り出そうとすると、ちょっとだけむずかしいようです。係員がやってきて、サドルの位置を少し下げてくれました。そしたら、けっこうスイスイ走るようになりました。
 11:30 から、テーブルのところで、持参したお弁当を食べました。食べ終わるまで1時間くらいかかったでしょうか。周りを見渡すと、ベンチのところで弁当を食べている家族、ビニールシートを広げて座って食べている家族などがありました。この公園は住宅地の真ん中にあり、近くには、食事ができそうな場所があまりないのです。コンビニが1軒あるくらいです。弁当を持参するのが便利です。
 弁当を食べてから、孫がまた自転車に乗り始めました。オーツは妻と午前中と同じ位置に着いて、歩道を行ったり来たりしながら歩きました。
 このころになると、孫はだいぶ自転車に慣れてきたようで、けっこうスピードも出すし、あまり転ばないようになってきました。転んでも一人で立ち上がってまた走り出します。周回コースだけでなく、中にセットされたクネクネ道のコースも自分の判断で走っていました。
 貸し出し用の自転車も大半がはけてしまっています。午後は来園者がたくさんいるということでしょう。気がつくと、コースを走っている子供たちがたくさんいました。
 途中で、孫が自転車に乗るのを止め、いったん自転車を返却し、トイレに行ったり、ブランコで遊んだりしました。
 それからまた自転車に乗ろうと管理事務所のところに行くと、貸し出し用の自転車が払底していました。オーツは、孫が20インチの自転車に乗れるかと思い、試してみましたが、つま先だけが地面に着く形になり、ちょっと大きすぎるようです。少し待って、返却されてきた18インチの自転車に乗ることにしました。
 このころになると、オーツは疲れてしまって、イスに座って休んでいました。歩くだけでも疲れるものです。妻は自転車に付いて走っていたようです。それではオーツよりもさらに疲れるでしょう。
 孫は自転車にスイスイ乗れるようになりました。ふらつきはほとんどありません。コース内のあちこちに行きながら、自分で自由に自転車に乗れることを楽しんでいたようです。
 15:00 くらいには、大泉交通公園を出て、帰宅することにしました。
 オーツたちは、弁当持参で丸一日遊んでいたことになります。大人は疲れますが、子供は楽しそうです。そういう施設です。こういうのが入園無料というのが何ともありがたいですねえ。かかった費用はコインパーキングの 700 円だけでした。
 オーツの自宅まで帰ってくると、孫はさらにいろいろな遊びを始めました。オーツは将棋などに付き合いましたが、かなり疲れており、ちょっと眠くなってしまいました。

 こういう交通公園は、都内にいくつもあります。
http://toutoi-tokyo.blogspot.com/2013/03/koutukouen-matome.html
大泉交通公園の他には、板橋交通公園、杉並児童交通公園、城北交通公園あたりがオーツの自宅に近いようです。
 ネットには、実際に行った人の感想記事などもあります。
https://www.onion-za.jp/practice-of-the-bicycle-in-the-park/
各地の交通公園に行ってみてもいいかもしれませんね。いけるのは今のうちだけです。自転車に十分乗れるようになってしまえば、こういうところで乗るより、自分の意志であちこち街中を乗り回すほうが楽しいでしょうし。
 30年前、オーツが子育てをしていたころは、こういうところには行かなかったように思いますが、さて、そのころ、子供はどうやって自転車の練習をしていたのでしょうか。マンションの敷地内で練習をして、いきなり周辺の道路に乗り出していたのでしょうかね。忘れてしまいました。
posted by オーツ at 03:51| Comment(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。