2019年10月06日

イタリア旅行(7)各地の観光など

 今回のイタリア旅行は、パッケージツアーだったので、イタリア各地の定番の観光地にもあちこち行きました。まあ、普通にイタリア旅行をするとみんなが経験し、見るものだろうと思います。
 その中で珍しい経験と言えば、ベネツィアのホテルから少し歩いたところにあるリアルト橋を見に行ったときのことです。
 添乗員からは、リアルト橋はスリなどが多いからバッグをおなかに抱えて片時も離さないようになどと言われていました。リアルト橋は確かに混雑していました。小さな橋なのに、押すな押すなの混雑ぶりです。その中で、オーツがリアルト橋の上に立ったときのことです。急に数人の人がオーツの行き先を塞ぐような形になり、オーツの周りだけ歩きにくい形になってしまいました。何とかスキマに割り込むようにしてそこから離れたのですが、後から考えてみると、オーツはスリにねらわれていたと思います。なぜか、オーツが数人に取り囲まれたわけですが、そんなことになる必然性はなく、これは意図的な行為だったと思います。スリは数人で活動するのが普通のようです。一人が財布などをすると、すぐに別の仲間に手渡し、その上で現金などを抜き取ります。この手がおかしいと捕まえた(ギュッとつねった)としても、そのときにはもう遅いのです。
 リアルト橋では、別の日本人もねらわれたと言っていました。ご夫婦で一緒に行って奥さんが写真を撮ろうとしたら、旦那さんの手が3本あったようで、そのうち1本が奥さんのバッグに入ろうとしていることに気がついたとのことです。いやはや、いやはや。

 観光ではけっこうがっかりすることも多いものです。
 ベネツィアのゴンドラなどもその一つでしょうかね。船頭の手こぎでゆっくり動いていくので、風情はありますが、けっこう暑い時期だったので大変な気がしました。まあ、ベネツィアまで行ってゴンドラに乗らないのもおかしな話ではあります。日本に行って新幹線に乗らず富士山も見なかったくらいの話でしょうか。
 ピサの斜塔も見に行きましたが、まあどうということはないように思います。見る角度によって、かなり傾いているように見えたり、さほどでもないように見えたりするわけです。それにしても、不思議な建物といえば不思議なものですが、実際のところ、建てるときの失敗作のようなものにすぎません。
 カプリ島の青の洞窟も、大したことなかったですねえ。ローマからバスで港まで行きます。ホテルの朝ご飯の時間では出発に間に合わず、軽食を添乗員から受け取って、それを食べて集合地点まで行きました。高速バス→大型船→小型ボートと乗り継いで、青の洞窟のそばまで行きました。そこで手こぎのボートに乗り換えて、ボートの底に寝そべる形になって、青の洞窟に入るわけですが、入ったと思ったら、すぐに出る形になります。洞窟の中の滞在時間は、正味1分くらいでしたかねえ。洞窟の中は、確かにきれいといえばきれいですが、まあ写真で見るほうがずっときれいでしょう。帰りも同じくらい時間がかかり、ローマに到着するころにはもう真っ暗になっていました。正味1分のために丸一日をかける価値があるかどうかは価値観によるでしょう。

 イタリア旅行では、写真を250枚ほど撮りましたが、まあここにアップロードするのは止めておきましょう。時間が経ったこともあって、なぜこの1枚の写真を撮ったのか、忘れてしまったことも多くあります。
 夫婦旅行としては、思い出に残るものとなりました。
 あれっ? 忘れてしまったということと矛盾している? いや、一つでも思い出に残れば、それで十分なのではないでしょうか。

 イタリア旅行の話はこれくらいにしましょう。
posted by オーツ at 05:11| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。