2019年09月25日

藍海大飯店@中国山東省済南市(3)

 このホテルでは Wi-Fi が完備されていて、持参したパソコンをネットにつなげることができました。
 しかし、ネット接続はいろいろと制約が多いもので、快適とは行きませんでした。
 オーツの経験は、藍海大飯店という一つのホテルでの経験であり、中国国内のどこでも当てはまることなのかどうかはまったくわかりません。しかし、たぶん中国国内は全部こうなのだろうと思います。

 一番問題だったのは、オーツが普段使っている nifty.com につながらなかったことです。メールソフトでのアクセスができない(つまりオーツ宛てのメールが読めない)だけでなく、web メール(ブラウザで www.nifty.com に接続してメールを読み書きする方法)もだめでした。となると、メールの読み書きがまったくできないわけです。事前にこういうことがわかっていれば、対策もあるのですが、まさかこういうことになろうとは思わなかったので、突然の不通事故に遭ったような気分でした。
 次に、検索エンジンにつながりません。Google は、中国政府の「検閲」に反対して、中国国内での事業展開をしないことにしていました。だから Google 検索エンジンが使えないことはわかっていました。しかし、それに加えて、オーツが普段使っている Yahoo! JAPAN の検索エンジンも使えませんでした。
 ブラウザ Google Chrome でも、Edge でも、ウィンドウの上の方の窓は、URL を入れてもいいし、そのまま検索語を入れてもよくなっています。そして、検索語の場合は Yahoo! JAPAN が自動的に検索されるような設定になっています。
 ということは、この設定を変えないとブラウザから直接検索はできないということになります。持参したパソコンの設定を変えると、日本に帰国したときにまた設定を変えることになり、面倒な気がします。

 こんなふうに、アクセスできないサイトがあるということは、中国政府にとって都合が悪いニュース関連サイトにアクセスできないように制限していると思われます。
 そこで、他につながらないサイトとしてどんなものがあるのか、ちょっと試してみました。
 オーツがブラウザ(Google Chrome)のニュース関連でブックマークしているものの中でアクセスできないものは以下の通りです。
http://news.google.co.jp/
http://www3.nhk.or.jp/news/
http://www.nikkei.com/
http://www.sankei.com/
http://www.yomiuri.co.jp/
https://so-zou.jp/web-app/news/nettv-news/
 ちょっと右派的な傾向のあるサイトにアクセスできないようです。せっかくなら、asahi.com とかも確認すればよかったですが、オーツは朝日新聞をブックマークしていないので、アクセスしませんでした。
 一方、普通にアクセスできるニュースサイトとして、以下のようなものがありました。
https://news.yahoo.co.jp/
https://news.livedoor.com/
https://www.afpbb.com/
https://www.msn.com/ja-jp
http://agora-web.jp/
https://snjpn.net/
https://jp.sputniknews.com/
https://nakano.keizai.biz/
 これらはアクセスできました。必ずしも左派的なサイトであるとも限りません。
 Yahoo! のニュースサイトはアクセスできました。検索エンジンはだめなのに!!
 もっと徹底的に調べてみないと、正確なことはいえませんが、アクセスの可否は、かなり恣意的な判断で決められているように感じました。

 ちなみに、オーツは Feedly を利用してブログ記事にアクセスしています。Feedly で登録されているサイト、つまりオーツが普段からアクセスしているサイトで、アクセスができなかった記事は以下の通りです。
(a)
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7629.html
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7630.html
http://ponko69.blog118.fc2.com/blog-entry-5474.html
http://ponko69.blog118.fc2.com/blog-entry-5475.html
http://ponko69.blog118.fc2.com/blog-entry-5476.html
http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/52160554.html
(b)
https://www.tachibana-akira.com/2019/09/11874
http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-3767.html
https://imnstir.blogspot.com/2019/09/blog-post_19.html
https://blog.goo.ne.jp/hkaiho/e/d18e07808eaebf82df152a37330a3355
https://blog.goo.ne.jp/hkaiho/e/2df5a10c6671797362bcabd670d33256
https://blog.goo.ne.jp/hkaiho/e/f578e8ea5e0565cbf673650eaf9b7551

 これらのうち、(b) はまったく読めませんでした。しかし、(a) のほうは、Feedly の画面で記事のほぼ全部が読めてしまいました。これでは情報遮断が不完全だということになります。
 ただし、Feedly 経由でブログ記事を読むのでは、最後に付いているはずのブログ記事に対する「コメント」が一切読めないなどの制約があります。
 いくつかのサイトでは、サイトのデザインが変わってしまいました。例えば、
http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/52033690.html
は読めますが、本来あるはずの twitter の投稿履歴が読めなくなっていました。オーツは毎日のように読んでいるので、デザインの違いはすぐにわかりました。おそらく、twitter に対して利用制限があるのでしょう。そのため、ブログ記事の中で twitter にアクセスして投稿履歴などをピックアップする部分が動作できないようになっているものと思われます。

 なお、上記の URL は、オーツが日本帰国後に読もうとして記録していたものにすぎません。
 たとえば、
https://blog.goo.ne.jp/hkaiho/e/f578e8ea5e0565cbf673650eaf9b7551
の場合、当該記事が読めなかったことは事実ですが、
https://blog.goo.ne.jp/hkaiho/
の下の全部の記事(hkaiho さんの執筆したもの)が読めないのか、さらには
https://blog.goo.ne.jp/
のすべての記事が読めないのか、確認してありません。ブログは個人が書いている場合が多いので、危険な思想の持ち主と判断される場合が多いのでしょう。個人ごとに規制するのが面倒であれば、ブログ全体を読めなくしてしまうようなこともするかもしれません。

 その他に気がついたものとして、アマゾンの本がありました。
https://www.amazon.co.jp/%E6%BD%9C%E5%85%A5%E3%83%AB%E3%83%9D-amazon%E5%B8%9D%E5%9B%BD-%E6%A8%AA%E7%94%B0-%E5%A2%97%E7%94%9F/dp/409380110X/ref=sr_1_1?qid=1568881201&s=books&sr=1-1
 まあ、中国からの通信販売でアマゾンジャパンの本を買おうとしてもできないのは当然でしょうね。

 というわけで、本格的な調査ではないけれど、ちょっと触ってみただけで、中国政府の言論統制の実態の一部を垣間見ることができました。
 日本では、サイトの遮断などが一切なく、すべてを見ることができます。日本で生活できること自体が幸せなことなのではないかと思いました。
posted by オーツ at 06:55| Comment(7) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
使い慣れた通信が中国で使えないと困りますね。
実は問題を回避する簡単な方法があり、
香港製のSIMを買って持ってスマホやiPadに入れて行けばよいのです。

> Google は、中国政府の「検閲」に反対して、中国国内での事業展開をしないことにしていました。だから Google 検索エンジンが使えないことはわかっていました。
これはちょっと違いますね…。インターネットに国境はないので、Googleが中国で事業展開しなくても、Googleのサイトは本来見られるはずです。それが見られないというのは、規制がかけられているからにほかならないと思います。
Posted by 98 at 2019年09月25日 21:05
98 様
 オーツはスマホも ipad も使っていないのです。
 しばらく先に、ちょっと長く中国に行く可能性があるので、そのときは対策を考えようと思います。
 お教え、ありがとうございました。
Posted by オーツ at 2019年09月26日 04:49
そうでしたか。私も去年中国に行ったとき周囲の強い勧めによってスマホを買ったのです。
Posted by 98 at 2019年09月26日 05:25
ふと思い付いて調べてみたら、SIMをパソコンで使うためのUSB接続アダプタもあるようです。
Posted by 98 at 2019年09月26日 18:50
98 様
 コメント、ありがとうございます。
 ちょっと教えていただきたいのですが、「香港製のSIMを買って持ってスマホやiPadに入れて行」くとか、「SIMをパソコンで使うためのUSB接続アダプタ」で接続すると、なぜ中国政府の規制をくぐり抜けられるのですか。
Posted by オーツ at 2019年09月26日 21:30
私にもそれがまったく謎で、しかし、現にそうなるのです。パソコンは試したことがありませんが、機能すれば同じだろうと思います。
Posted by 98 at 2019年09月27日 16:19
香港の製品は香港やマカオの人が使うものと見て大陸でも特別扱いをしている、私に想像できるのはそれくらいです…。
Posted by 98 at 2019年09月27日 16:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。