2019年09月07日

ランチハウス@江古田南口で唐し豆腐を食べる

 江古田南口の線路際にあるランチハウスは、以前から知っていました。
https://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13098382/
しかし、オーツは一度も入ったことがありませんでした。揚げ物中心の洋食の店のようで、オーツは揚げ物を食べないようにしているので、自分には縁がないと思っていたのでした。
 しかし、メニューを見てみると、
https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/28156/320x320_rect_28156746.jpg
Bランチとして「唐し豆腐」というのがあります。どういう豆腐料理かわかりませんが、揚げ物ではなさそうです。そこで、これを食べに行きました。
 平日の 13:00 ころに行ったところ、先客が誰もいませんでした。
 オーツはカウンターに座って、唐し豆腐を注文しました。「からしとうふ」と読むのだそうです。
 カウンターに座って、肘が当たる位置の木の部分を触っていると、なんとなくベタベタするような感触があります。ちょっと引っ込んでいる部分です。きちんと掃除されているようですが、この感触はイマイチです。
 まずはお冷やが出てきました。おや、コップに冷水は入っているものの、氷が入っていません。今の季節でこれはかなり珍しいと思います。
 店内に流れるラジオを聞きながら待つことしばし。
 唐し豆腐が出てきました。平べったい丼(あるいは深皿)に入っています。豆腐と肉の煮込みです。タマネギなども一緒に煮込んでありました。上に千切りのネギと唐辛子がまぶしてあり、ピリ辛です。スプーンがついてきました。
 さらに、皿に盛ったライスと味噌汁が出てきました。
 唐し豆腐を食べてみると、なかなかいい味のように思いました。唐辛子の効き方もいい感じです。肉も豆腐もおいしくいただきました。
 ただし、丼に残った汁をすくって飲むのは止めておきました。汁だけを飲んでみると、かなり塩辛いのです。塩分取り過ぎになりそうです。豆腐や肉と一緒に食べるとちょうどいいのですが、……。
 食べ終わったあとで考えてみると、唐し豆腐は、もっと熱いほうがいいように思いました。暑い季節でも、煮込み料理は熱いほうがオーツの好みです。やけどするくらい熱くてもいいのではないでしょうか。今回は、食べているうちにかなり冷めてしまいました。
 これで 650 円というのは安いと思います。メニューが揚げ物中心ということもあって、学生など若い人には向いていそうです。しかし、オーツの再訪はなさそうです。決して悪い店ではないのですが、この価格で食べられるものというと、江古田駅近辺にはたくさんあるように思います。その中であえてこの店を選ぶ理由がない状況です。

ランチハウス定食・食堂 / 江古田駅新桜台駅新江古田駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.9


posted by オーツ at 07:54| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。