2019年08月31日

地震とネコ

 大きな地震があったとき、ネコがどうなるかなどという問題は考えたことがない人が大部分でしょう。
 徳田竜之介(2018.9.1)「現役獣医が見た熊本地震「猫ちゃんパニック」」
https://ironna.jp/articles/10593
という記事があります。1年前の記事ですが、熊本地震の経験を踏まえた記事で、大変有用な情報が書かれています。ネコもパニックになるという話です。普段と行動が変わってくる場合もあるし、事前にペットの防災を考えておくという提案もされています。
 オーツの自宅にはネコがいますが、こういう地震対策はまったく考えていません。そもそも普段から大地震に備えることはしていません。非常持ち出し袋もないし、非常食の備蓄もありません。人間ですらそうなのですから、ネコはまったくの無防備です。
 オーツの自宅のネコは、だいぶ高齢のネコになってきましたから、次の大地震が来る頃までにはたぶん寿命が尽きているだろうと思います。つまり、地震が来るとしてもそれはかなり先だと考えているわけです。
 もしも地震で自宅が壊れ、ネコが外に飛び出していったら、それはそれでネコが自分の生き方を選んだということですから、そのままにするのがいいのではないでしょうか。もちろん、ネコが自宅に帰ってくれば、世話をしようと思いますが、無理にネコを探したりする必要はないと考えています。
 在宅中に自宅損壊ともなると、オーツも妻も死んでいるでしょうから、心配する必要はありません。自宅以外の場所にいて、自宅損壊となると、自宅以外での生活を模索することになりますが、その場合ネコをどうするか、大いに悩みます。しかし、なるようにしかならないように思います。
 大地震が来た後で、ネコが生きていけるかどうか。それはわかりません。死んでしまえば、それはそういう運命だったということでしょう。人間でも同じことです。
ラベル:地震 ネコ
posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | ネコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。