2019年08月08日

おふろcafe bivouac@熊谷市

 日曜日、元々は妻と息子家族と6人で武蔵丘陵森林公園で遊ぶ予定でした。しかし、雨になるかもしれないということで、バーベキューの予約をキャンセルしました。
2019.8.4 http://o-tsu.seesaa.net/article/468529661.html
 深夜から早朝にかけて雨が降りました。そこで、武蔵丘陵森林公園に行くのはやめて、熊谷市にある日帰り入浴施設「おふろcafe bivouac」(おふろカフェ ビバーク)に行くことにしました。
https://iko-yo.net/facilities/83468
https://ofurocafe-bivouac.com/
 10:00 から入館可能です。
 ホテルからはクルマで15分くらいのところです。9:45 に出発すればいいわけですが、朝食を食べ終わって 8:00 でしたので、やや時間を持て余します。そこで、ネットで検索して、妻沼運動公園の子供広場
https://www.nem-shiteikanri.jp/shisetsu/menuma/shisetsu/index.html
に行って少し遊んでから、おふろCafeに行こうということになりました。
 9時前にはホテルを出発して、(途中で子供の車酔いのため休憩時間をはさみ)9:20 くらいには子供広場の脇に着きました。ところが、子供広場の柵が閉まっており、カギがかかっていて、入場できません。息子が管理事務所に電話すると、夜のうちの雨で遊具が濡れているので、とりあえず閉めてあり、11:30 から入場可能になるという話でした。
 そこで急遽予定を変更し、利根川の土手を散歩しようということになりました。
 9:30 ころに利根川の河川敷にある妻沼ゴルフ場のそばの空き地にクルマを止め、みんなで散歩しました。そのうち、利根川を渡る歩道橋があることに気がつきました。クルマ用の橋とは別になっています。オーツ以外の5人がその橋を歩いて渡り、オーツがクルマを回送して、北側(群馬県側)でピックアップしました。
 そんなわけで、おふろcafe に着いたのは10時ちょっと過ぎになりました。
 ここは日帰り入浴施設ですが、合わせて、キャンプをイメージした滞在型の遊びができます。
 まずは、お風呂に入りました。男性用の風呂の中には、7種類ほどの風呂があります。この日の日替わり湯はココナッツオイルということで、ココナッツの実が4個ほどプカプカと浮かんでいました。ジェットバスでは寝そべって入りますが、背中側と足側の両方から温水が吹き出ていて快適でした。しかし、お尻のところに排水口があり、けっこう勢いよくお湯を吸い込んでいました。座り方によっては、お尻の肉が引っ張られます。露天風呂、サウナ、水風呂などもあります。泥パックのコーナーもあり、若い男性何人かがやっていましたが、オーツはやりませんでした。
 風呂から出てきたあとは、館内着に着替えます。みんなが館内着を着ているので、誰が誰だかわかりにくくなります。
 このかっこうでランチを食べました。
 ランチのあとは、作戦会議を開き、息子と嫁と二人の孫は屋上のウォータービバークに行くことになりました。
https://ofurocafe-bivouac.com/2038
ここにはトランポリンや泡バズーカがあり、水着姿で遊ぶとのことです。子供向けによさそうです。
 オーツと妻は仮眠室で昼寝をしました。ただし、オーツは全然眠れませんでしたが。
 1階のフロント前にマックのパソコンがあったので、使ってみようと思いましたが、思うように使えませんでした。1台はキーボード(無線接続)がつながらず、もう1台はキーボードが有線でつながっていましたが、カナ漢字変換をどうやればいいのか、わかりませんでした。マックは Windows パソコンの利用者にはかなり敷居が高いように思いました。
 15:00 からは1階のフロント前のスペースで「さや茶」という女性二人組がギターを弾きながら歌を歌いました。
http://sayacha.xxxx.jp/
http://sayacha.xxxx.jp/2019/07/06/%e3%82%a4%e3%83%99%e3%83%b3%e3%83%88%e6%83%85%e5%a0%b1%e3%80%8a7%e6%9c%88%e3%80%8b/#cafe_bivouac
オーツは真ん前で聞いていました。小一時間くらいの上演時間でした。最後に、女性二人組が観客たちに握手してくれました。オーツは、若い女性と握手する機会がめったにないので、ちょっと恥ずかしいような照れるような気分でした。
 また、このころ、二人の孫はスーパーボール作りというワークショップに参加して、係の人に教わりながら、色の付いた液体をボール状に固めていましたが、全然丸くならなかったようです。
 最後に、またみんなでお風呂に入って、孫はスーパーボール作りで汚れた手を洗いました。
 館内着やバスタオルなどを返して、退場です。出るときに会計すると、入場料大人フリータイム 1,480 円×4、小学生フリータイム 790 円×2、ウォータービバーク 300 円×4、WS参加費 300 円、他に、館内で飲んだ飲み物や食事代などもあって、全部で 15,442 円の支払いとなりました。大人4人と子供2人が1日いてこの金額ですから、安いと思います。
 こんな場所でゆっくりするのも悪くないと思いました。
 わざわざ熊谷市まで行ってこんな経験をするのも変な話ですが、暑い日だったので、公園で外遊びするよりも冷房の効いたところでゆっくりするほうが(疲れなくて)よかったかもしれません。
 16:40 には出発して、帰宅の途につきました。

 そういえば、おふろcafe bivouac のクーポン券を印刷して持参したのに、クルマの中に置き忘れてしまいました。
https://iko-yo.net/facilities/83468/print
 ちょっと残念でした。
posted by オーツ at 03:42| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。