2019年08月07日

ホテルガーデンパレス@熊谷市に宿泊

 オーツが息子家族と一緒に熊谷市に出かけて、宿泊したのがホテルガーデンパレスでした。
http://www.gardenpalace.co.jp/
 オーツと妻とがツインの洋室で、息子家族4人が10畳の和室でした。
 結婚式が行なえるような、外観も立派なホテルで、室内もきれいで、十分満足できるホテルでした。
 旅館と違って大浴場がない点が残念なところです。ツインの部屋には、普通のユニットバスが付いていました。和室には、家庭用のような浴室が付いていました。いずれもきれいで、特に問題はありません。とはいいつつ、最近はホテルでも個々の部屋風呂以外に大浴場を設けているところがかなりあります。オーツはどちらかというとそういう大きな風呂に入るほうが好みです。その点でやや残念に思ったというわけです。
 居室内は、特に優れているところがあるわけではありませんが、普通に安心して泊まれますので、十分だと思いました。
 オーツたちは、夕食はホテル外に食べに行ったので、
2019.8.6 http://o-tsu.seesaa.net/article/468609777.html
このホテルの夕食についてはわかりません。ホテルの立地が熊谷市の中心部からやや離れていますので、ホテル内で夕食を取る人も多そうに思います。
 ホテルの無料シャトルバスが30分間隔で走って熊谷駅とホテルの間を結んでいます。シャトルバスは、国道17号線を通るのかと思っていたら、そうではなく、駅前に通じるやや狭い道路を走っていきました。さすがに地元の運転手は渋滞しない道路を知っているわけですね。
 朝食は、付属のレストラン「ガーデンダイニング 山水」で食べました。
http://www.gardenpalace.co.jp/restaurant/sansui.html
 7:00 から食べられます。6人でこの時間にレストランに向かいました。
 レストランは、ホテルの建物自体から少し離れており、屋根付きの通路を歩く形になりますが、その通路が池に面しています。

hotelgp1.JPG

 池には大きな鯉が何匹も泳いでいます。まさに「ガーデンパレス」の名前にふさわしい庭園です。池の向こうには結婚式場があります。なかなかいい景色です。レストランからは大きな窓越しにこういう景色を眺めながら食事ができます。
 朝食を食べる場合、前日のうちに(チェックインのとき、あるいは外出からの帰還時)、朝食メニューを選択しておきます。オーツたちは和食2人、中華粥2人、洋食2人ということになりました。子供は2人とも洋食を選びました。しかし、大人用のメニューになりますから、量が多すぎます。子供用のメニューがあるとありがたいのですが、無理でしょうかね。
 レストランの一角のテーブルに、コーヒー、オレンジジュース、納豆、生卵、味付き海苔が置いてあり、自由に取れます。
 オーツは和食を選びました。

hotelgp2.JPG

 お盆にのっていろいろ出てきました。
 味噌汁がおいしかったですね。大きな容器でたっぷり出たこともありがたかったです。
 オーツはご飯に生卵をかけて食べましたが、生卵が新鮮そのもので、さらさら食べられました。
 妻が中華粥をオーツにくれましたので、それも食べました。いろいろな具材をのせてまぜながら食べると、これも熱くておいしかったです。
 食後は、孫たちがコイの餌やりをしました。フロントで 110 円でコイのエサを売っています。それを岸や橋の上から投げ入れるとコイが寄ってきます。二人でずいぶん長時間楽しんでいました。
 宿泊料は、オーツと妻が2人で 12,200 円、息子家族が4人で 21,600 円、それに朝食が 1,200 円×6で、合計 41,000 円となりました。きれいなところに泊まれてこの価格は安いと思います。ホテルや旅館は、東京から離れると安くなるものですが、質を考慮すると、かなりおトクなように思います。
 オーツは満足しました。
posted by オーツ at 04:27| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。