2019年08月05日

武蔵丘陵森林公園の中央レストランでランチ

 武蔵丘陵森林公園に息子と二人の孫と一緒に行ったとき、中央レストランでランチを食べることになりました。
https://www.shinrinkoen.jp/facility/restaurant.html#central
https://tabelog.com/saitama/A1105/A110502/11029839/
 オーツたちは、お昼を何も用意しておらず、初めから中央レストランねらいで行きました。
 「中央レストラン」という名前から、大規模なレストランを想像してしまいましたが、実際はさほどでもなく、こぢんまりした施設でした。屋外のテラス席もありますが、暑い時期だったので、冷房の効いている屋内のテーブルで食べることにしました。
 11:00 ちょっと過ぎにはお店に入りました。券売機で食券を買うと、あとはテーブルに座ります。券売機から厨房に直接通信があるのでしょう。少し経つと窓口のおばさんから食券の番号が呼ばれますので、窓口に取りに行きます。セルフサービスなので、まるで学食で食べるような気分です。
 水もセルフサービスですので、プラスチックのコップに入れてテーブルまで運びました。
 オーツはハヤシライスを食べることにしました。

tyuuou.JPG

特にどうということのない普通のハヤシライスです。これで 800 円でした。800 円というのは観光地価格でしょう。森林公園はクルマで来る人が多数だろうと思いますが、森林公園に来て、公園外で食べるのは(公園自体が広いから改札口の外の駐車場まで行くのも大変で)現実的ではありません。そうなると、こういう店で食べることになるわけで、やや強気な値付けになるようです。まあ高すぎるというほどのことはないので、妥当な範囲かもしれません。
 息子はカレーライス、二人の孫はそれぞれキッズカレーにしました。また二人で一つのフライドポテトを食べました。取り皿などもセルフサービスで持ってこられましたので、息子がフライドポテトの本数を数えながら、きっちりと二分しました。これで、二人で食べる場合でもけんかにならずに済みました。(とはいえ、1本のフライドポテトが大きいとか小さいとか若干もめましたが。)
 また、途中でフライドポテトにつけるケチャップがなくなってしまったので、オーツが窓口にもらいに行きました。おばさんが気安く追加してくれました。
 全般に、普通に食べられてよかったです。
 息子は、若干物足りないようすで、何か追加して食べようということになり、券売機のところまで行きましたが、結局、適当なものがなく、追加はしませんでした。
 オーツたちは1時間ほどの滞在で、12時過ぎには店を出ましたが、土曜日なのに、その時点でも混んでいませんでした。
 森林公園の利用者は、ランチをどうしているのですかねえ。弁当とかを持参しているのでしょうか。

中央レストラン定食・食堂 / 森林公園)

昼総合点★★☆☆☆ 2.8


posted by オーツ at 04:21| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。