2019年07月16日

中華そば専門 田中そば店 下高井戸店で山形辛味噌ラーメンを食べる

 下高井戸の駅の北口にある田中そば店は、ラーメン専門店です。
https://www.tanaka-shoten.net/tanakasobaten
https://tabelog.com/tokyo/A1318/A131809/13233692/
https://shimotakablog.com/2019/05/yamagata-spicy-miso-ramen-at-tanaka-soba-ten/ 
 2019.4.15 開店ということで、できたときから気になっていました。
 あるとき、意を決して(というほど大げさではありませんが)入店してみました。入口のところにある券売機で食券を買います。オーツは山形辛味噌ラーメン 850 円にしました。お店の人が「辛いもの好きな方には一番のおすすめです。店で一番人気です。」と言っていました。
 カウンターに座り、待つことしばし。
 お店の人が紙のエプロンを勧めてくれましたので、それを付けることにしました。
 やがて、受け皿にのった丼が出てきました。真ん中に赤い辛味噌が丸く載っていました。
 まずは、レンゲでスープをすくって飲みました。おいしいです。順次麺を食べ始めました。いい感じです。
 チャーシューが3枚のっていましたが、それぞれ大きくて肉厚で、食べ応えがありました。ちょっと塩分が効いているような気がしました。オーツの感覚では、チャーシューを減らしてまでも、価格を下げてもらいたいと思います。
 食べている途中で辛味噌を箸でとくと、スープの味ががらりと変わります。濃厚な味です。1食で2度おいしいというわけです。ただし、「辛味噌」ということでオーツが期待していたほど辛くはありませんでした。
 というわけで、スープまで全部飲みました。おいしいです。高い評価になりそうな店です。なかなかこの味は出せないでしょう。
 ではオーツの再訪があるかというと、それはないように思います。先日、新江古田の味噌の大将に行って、同様の辛味噌ラーメンを食べました。
2019.6.23 http://o-tsu.seesaa.net/article/467393334.html
同じジャンルの食べ物だったので、どうしても両者を比べてしまいます。オーツの感覚では、味噌の大将の方がコクがあって好きです。
 850 円というのはがんばっているほうでしょう。大きなチャーシューが3枚入ってこの価格というのは、ある意味でおトクかもしれません。しかし、オーツとしては、ラーメンというものはもう少し安く食べられるものだというとらえ方をしています。ランチにこの金額を出すならば、他の店に行きそうに思います。
 食べ終わって紙のエプロンを外しましたが、汁ハネはほとんどありませんでした。

中華そば専門 田中そば店 下高井戸店ラーメン / 下高井戸駅松原駅明大前駅

昼総合点★★★☆☆ 3.1


posted by オーツ at 04:24| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。