2019年05月24日

パスワードの定期的な変更は不要

 オーツは日経新聞で読みました。
「時代遅れの「パスワード定期変更」 いまさら聞けない注目テック用語」
(2019/5/22 4:30日本経済新聞 電子版)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44876200W9A510C1X30000/
 「定期的なパスワードの変更は、古くさくて時代遅れで価値が低い」ということです。
 オーツがネットバンキングで利用している銀行の一つは、いまだにパスワードを変更するように言ってきます。数ヶ月程度で自動的にメッセージが出るようになっているというわけです。
 ここのシステムでは、最近指定したパスワードは使えないので、オーツの場合、何個かパスワードを考えておいて、それらを使い回しています。現在、どのパスワードを設定しているかは別途パソコン内のファイルに書き込んでいます。
 しかし、本来はこういうやり方はあまりよくないのですね。
 銀行などの金融機関はセキュリティが第一ですから、そのためのデバイスを用意するとかいうことが有効なように思います。こうすると、自宅(デバイスの置いてある場所)からしかアクセスできないので、ちょっと不便なときもあります。旅先でネットバンキングを利用したいとかいう場合もあるかもしれません。
ラベル:パスワード 変更
posted by オーツ at 04:18| Comment(0) | パソコンとIT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。