2019年03月27日

10時間で本人特定、スマホ位置から出張・実家も筒抜け

 オーツは日経新聞で見ました。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO42770850S9A320C1000000/
(2019/3/25 6:30日本経済新聞 電子版)
 記者が、とある個人のスマホによる位置情報(GPS)を基に、10時間ほどで個人を特定し、その人の過去半年ほどの行動を調べることに成功したという話です。
 スマホによる位置情報というだけですから、どうということのない情報のように思われますが、しかし、素人の新聞記者が個人でここまで調べることができるというのは驚きでした。
 スマホの位置情報を「公開する」に設定したままの人は、あまり多くないと聞いたことがありますが、それでも、たとえば 0.1% の人がそういう設定をしていると、その人を追跡することで個人の名前・住所が特定できてしまうというのは恐い話です。
 専門知識を持った犯罪集団がこれを行えば、もっと簡単に調べられるでしょう。
 匿名の位置情報に基づいてこんなことが調べられるのですね。
 世の中の仕組みがこうなっているわけですから、十分注意しながら暮らすしか手がないように思えます。
 といいながら、オーツの場合は、各種ポイントカードを利用してそれぞれのポイントをためている時点で、もう個人情報ダダ漏れですが。
posted by オーツ at 03:22| Comment(0) | ニュース時評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。