2019年03月21日

草津温泉スキー場でのスキー

 今回は、平日に草津温泉スキー場に行きました。以前は草津国際スキー場と言っていたところですが、名前が変わりました。このスキー場には以前にも何回か行ったことがあります。
2017.12.31 http://o-tsu.seesaa.net/article/455892192.html
2017.1.5 http://o-tsu.seesaa.net/article/445557974.html
 今回は、5歳の孫を含む息子家族と一緒に行きました。一番の焦点は、5歳でスキーが滑れるようになるかという点でした。
 1日目の午後に、孫がスキースクールに入りました。2時間の講習で少しはスキーができるようになります。リフトにも乗ったと話していました。
 そこで、2日目の午前には、息子がつきっきりでみっちり教えました。孫はボーゲンで滑れますが、ブレーキ、さらには停止ができません。何回か、止まったり滑ったりを繰り返しているうちに、コツが飲み込めたようで、だんだん滑れるようになってきました。さらに、左右へのカーブの曲がり方を教えると、孫はなかなかおもしろいと言っていました。
 孫のリフト券は、回数券タイプだったのですが、半日で全部使い切りました。最後には、オーツと息子と一緒に一番てっぺんまで行くリフトに乗り、「しゃくなげコース」を一番下まで下りてきました。このころになると、孫はかなりスピードが出るようになり、カーブもちゃんと曲がれるようになっていました。
 5歳でスキーができるようになるのですね。
 ただし、孫は体力がないこともあって、転ぶと一人では起き上がるのが困難で、スキーを外して立ち上がってスキーをまた履くというスタイルにしていました。
 最後には、孫がさらにスキーをしたいと言い出しました。しかし、今シーズンは日程的に無理でしょう。たぶん、来シーズンにはまたスキー旅行を計画したいところです。実に楽しみです。

 今回、草津温泉スキー場で一番驚いたことは、1日目、雨が少し降っていたのですが、スキーが全然滑らないことでした。初級コースに行くと、スキーが止まってしまいます。滑るというよりは歩くという感じです。中級コースに行っても、スピードがさほど出ないので、初級者にちょうどいいくらいです。あまりにも滑りが悪いので、2日目が心配でした。オーツはリフト券を2日券という形で購入したのでした。
 2日目、この日は晴れでした。夜の草津は氷点下まで気温が下がります。で、再度同じコースを滑ってみると、全然感触が違いました。すいすい滑れます。ということは、1日目は雨が降っていたことの影響であることがはっきりしました。オーツは、春スキーで気温が高くなって、雪が溶け始めたためかとも思っていたのですが、そうではありません。
 雨は(仮に滑れても)地面の雪をベタベタにしてしまい、スキーの滑走に悪影響を与えます。オーツは、同じコースを何回も滑っていたので、こんなことが実体験できました。スキーウェアを着ていれば、多少の雨でも身体が濡れることはなく、その意味では問題がありません。しかし、雨でスキーの滑りが悪くなるのでは、スキー自体が楽しめないわけです。雨スキーは話にならないことを実体験しました。
ラベル:草津 スキー
posted by オーツ at 04:20| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。