2019年03月15日

さば銀 帝劇ビル店@日比谷

 オーツは、出光美術館で「染付」を鑑賞した後、
2019.3.14 http://o-tsu.seesaa.net/article/464612562.html
同じビルの地下1階にある居酒屋「さば銀」に行きました。
https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130102/13227365/
ちょっと飲んでから帰宅しようと思ったわけです。
 しばらく前に 19:10 という時刻まで指定して予約の電話を入れておきました。19:00 で出光美術館が終わるので、ビル内の移動の時間を考えれば、店に入るのはこんな時刻でしょう。
 お店の入口で「予約しておいたオーツですが」と店員にいうと、店員がそういう予約は入っていないというのです。オーツは、そんなはずはない、電話で予約したときの係の人の名前まで手帳に書き留めてあるから、いざとなればその名前を言おうとまで思いました。
 しかし、店員が予約者リストを再確認して、オーツの予約が入っていることを確認し、席に案内してくれました。4人掛けのテーブルに2人で座る形になりました。
 店内はかなり混んでいました。金曜日の夜ですから、こんなものかもしれません。あちこちのグループがにぎやかに談笑していました。オーツの感覚では、話し声がうるさすぎます。もう少し音量を下げて話せばいいものを、アルコールが回っているからでしょうか、叫ぶような声で話します。もしかすると、壁が音や声を反響するように作られているのかもしれません。
 メニューを見ながら、何を頼むか、2人で相談しました。だいたい決まったのですが、店員がなかなか注文を取りに来ないのです。手持ち無沙汰なので、こちらから手を挙げて店員を呼んで、飲み物・食べ物を注文しました。
 ところが、注文してから料理が出てくるまでにも時間がかかります。最初に生ビールとリンゴジュースを頼んだのですが、これは手早く出てきました。しばらくして、お通しが出てきました。お通しを食べながら生ビールを飲んでいると、生ビールが終わってしまいました。
 そのころに、最初に頼んでいた日本酒がやっと出てきました。そしてもつ煮込みが出てきました。もつ煮込みはなかなか量があっておいしかったです。
 もつ煮込みが食べ終わるころに、さばづくしが出てきました。ごまさば、しめさば、なまさば、あと何でしたかね。4種類のさばが楽しめます。ごまさばが一番おいしかったです。量もたっぷりありました。
 ふと隣のテーブルを見ると、おしぼりが出ています。オーツたちも、店員を呼んで、おしぼりをもらうことにしました。
 当日飲み食いしたものを、以下にメモしておきましょう。お通し 350 円×2、さばづくし(2人前)1,480 円、もつ煮込み 500 円、味噌汁 150 円、ライス 300 円、ふきのとうの天ぷら 500 円、生ビール(中ジョッキ)580 円、リンゴジュース 380 円、日本酒(豪快純米、燗)780 円、合計 5,370 円に消費税8%で 5,799 円でした。
 食べたものは全部おいしくて、よかったです。実は、これらの他に刺身3点盛りを注文しようと思ったのですが、そのうちの1種がしめさばで、さばづくしと一部重なってしまいます。ということで、刺身をなしにしました。今の時期しか食べられない「ふきのとうの天ぷら」もよかったです。本日のおすすめメニュー(手書き)に書いてありました。
 この店は、注文してから出てくるのが遅いと思います。飲み食いしたものは(ライス以外は)最初に一括して注文したのですが、一斉に出てきたわけではなく、順次出てきた形でした。
 こうして、1時間ほどで店を出たのですが、会計時に店員が間違えて、たぶん他人の分を計算してしまったようで、11,772 円ということになりました。オーツは、だいぶ高いなと思いましたが、クレジットカードで支払って、レシートをもらって店を出ました。そしたら、店員さんが追いかけてきて、計算が違っていたということになり、再度計算して上記の金額になりました。もし、店員が追いつけなかったら、自宅まで戻ってレシートを見て「違う」ということになったはずです。そうなると大変なところでした。店員は、11,772 円分の支払いのキャンセルの手続きをしてくれましたが、本当にそうなるか、カード会社からの請求時に要注意です。

 この店ではいろいろな経験をしましたが、再度の訪問があるかといえば、オーツの感覚では「ない」と思います。おいしいものを妥当な金額で提供している店だとは思いますが、接客に問題があると思います。

さば銀 帝劇店居酒屋 / 日比谷駅有楽町駅二重橋前駅

夜総合点★★☆☆☆ 2.7


posted by オーツ at 04:43| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。