2019年02月05日

チリペッパーと一味唐辛子

 以前、98 さんからオーツのブログ記事にコメントがあり、カレーの辛さを決めるのはカイエンペッパー=チリペッパーだということでした。
2018.5.26 http://o-tsu.seesaa.net/article/459594640.html
 その後、近くのスーパーに行き、調味料の棚を探したところ、チリペッパーがあったので、これを買ってきました。オーツの自宅で孫と一緒に食事をする場合に、妻がカレーを作ることがありますが、オーツ的には辛さが全然不足していておいしいと感じません。そんなとき、これを入れると大分違うのです。
 というわけで、98 さんのおかげで快適な(?)カレー生活が楽しめるようになりました。

 さて、最近気がついたのですが、チリペッパーというのは唐辛子のことだという話です。
https://www.sbfoods.co.jp/sbsoken/jiten/search/detail/00036.html
https://www.sbfoods.co.jp/sbsoken/supportdesk/014.html
 そういえば、オーツの自宅には一味唐辛子の小瓶があり、いろいろな汁物などにふりかけて食べています。
 チリペッパーと一味唐辛子は同じものなのでしょうか。
 実際に両方を食べ比べてみました。
 まず小皿に両方を出してみました。色はそっくりですが、形は若干違っており、一味唐辛子が粗挽きで、チリペッパーは粉末状になっていました。
 両方を少しずつなめてみると、ほぼ同じ味がしました。しかし、一味唐辛子の方が直接辛さが味わえます。チリペッパーはわずかに粉っぽさが感じられます。まあ、両者を使い分ける必要はないように思いました。カレーに一味唐辛子でもいいですし、うどんにチリペッパーでも問題はないと思います。
 あっちをなめ、こっちをなめ、していると、舌がピリピリしてきました。唾液だけでは口の中の辛さがなくなりません。水を口に含んでクチュクチュやりました。
 ついでに、ガラムマサラの小瓶もあったので、それも小皿に出して少しなめてみました。こちらは、全然辛さ不足で、これでは、カレーの辛さをアップすることにはならないことがよくわかりました。
 もっと早くこういう実験をしておくべきでした。
 飲食物は、自分で実際に食べてみなければ何とも言えないものです。
posted by オーツ at 04:02| Comment(1) | 飲食物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お役に立てて何よりです。
使用量が多ければネットで100gくらいのものを買えば割安かと思います。
Posted by 98 at 2019年02月06日 12:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。