2019年01月17日

目利きの銀次 西荻窪北口駅前店

 オーツは、西荻窪北口の駅前にある「目利きの銀次」で8人ほどの宴会を経験しました。
https://tabelog.com/tokyo/A1319/A131907/13204123/
 事前に幹事の人が「港町」コースを注文しておいてくれました。
https://tabelog.com/tokyo/A1319/A131907/13204123/party/72675428
 このコース、2時間の飲み放題がついて5千円というのは安いと思います。出てきた料理は以下の8品でした。・枝豆 ・桜海老と海藻の塩ドレサラダ ・本日の刺身豪快鬼盛り ・つくね串炙り焼き ・魚タルタル ・最強!うにで食べる牛と豚のすき焼鍋+〆の讃岐うどん ・北海道バニラアイスパフェ
 最初にサラダが出てきました。シラスなどがのっています。これをみんなで分け合って食べていると、店の人が「間違って出してしまいました」ということで、改めて桜海老がのっているサラダが出てきました。普通のコースの2倍のサラダを食べたことになります。
 オーツが一番期待したのは刺身豪快鬼盛りですが、ちょっと期待が大きすぎたように思いました。マグロなどがイマイチの味だったように思います。頭が付いたエビは大きくておいしかったし、タコもまあまあだったのですが、肝心のマグロがイマイチだとテンションが下がります。
 刺身が出てきたあと、つくね串炙り焼きや魚タルタルなどが次々と出てきて、だいぶせかされている感じになってしまいました。もう少し時間をかけて出してほしいと感じました。時間が2時間と限定されているので、こんな形になるのでしょうか。
 すき焼き鍋はおいしかったと思います。「うに」は、別の小皿で出てきました。鍋に入れて食べてもいいと言われましたが、オーツたちは結局別皿のまま、刺身のように食べました。鍋の汁がけっこう濃いめだったので、うにを入れると汁の味に負けてしまいそうです。カセットコンロの火力の調節がむずかしく、コンロの火を消すと自動的にボンベがはずれるような仕組みになっているとのことで、再度ボンベをセットしないと火がつきません。安全性のためでしょうが、若干使いにくいように思いました。
 鍋を食べ終わるころにうどんが出てきました。鍋に入れて食べるとこれがかなりいい線行っていました。オーツはうどんを何回も食べていたため、バニラアイスがちょっと溶けてしまった形になりました。
 オーツはビールと日本酒(燗酒)を楽しみましたが、グループ内では飲まない人が多く、「飲み放題」はだいぶムダになったような気がしました。
 オーツの場合、目利きの銀次は、江古田南口駅前店に2回ほど行ったことがあります。
2019.1.12 http://o-tsu.seesaa.net/article/463624690.html
2018.5.31 http://o-tsu.seesaa.net/article/459687550.html
 そちらでは個室だったこともあり、江古田の店のほうが落ち着いて飲める感じで好きです。

目利きの銀次 西荻窪北口駅前店居酒屋 / 西荻窪駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0


posted by オーツ at 03:21| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。