2019年01月10日

無鉄砲 東京中野店でとんこつラーメンを食べる

 中野区沼袋にあるラーメン店・無鉄砲は、大変な人気店のようです。
https://tabelog.com/tokyo/A1321/A132104/13114507/
食べログで 332 件もの口コミが投稿され、評価点が 3.59 になっています。自宅の近所にこういう店があると、ちょっと食べに行ってみたくなります。
 あるとき、妻と中野区内を散歩しようということになり、せっかくなので無鉄砲の店の位置を下見するつもりで、自宅から歩いて行きました。2時ころに店の前までやってきたら、営業中でした。妻がラーメンを食べようと言い出したので、オーツもラーメンを食べる気になりました。
 店に入って、券売機で食券を買いました。オーツがとんこつラーメン 780 円、妻が魚正油ラーメン(「うおしょうゆ」と読むのでしょうね)780 円にしました。
 イスに座ると、カウンターの上に激辛タカナがありました。ちょっと小皿にとって食べてみましたが、「激辛」というよりはピリ辛でしょう。
 そうこうしているうちに、ラーメンが出てきました。
 オーツの注文したとんこつラーメンは、どろりとしたスープに入ったもので、オーツは天下一品のスープを思い出しました。
2015.3.15 http://o-tsu.seesaa.net/article/415628800.html
 一般的にいえば、おいしいスープだと思います。しかし、オーツの感覚ではイマイチのように感じました。まず、スープ自体があまり熱くない(はっきりいえばぬるい)点がよくないように思います。口の中をやけどするくらい熱いのでいいのではないでしょうか。麺は茹でたてなので十分熱かったのですが、このスープの温度はげせません。
 ちょっと妻の魚正油ラーメンのスープをもらって飲んでみたら、こちらは熱くて、しかも魚の(煮干しでしょうか)ダシがきいていて、あっさりしたスープになっており、こちらのほうがオーツの好みでした。
 2種類の味が楽しめて、よかったです。
 麺の量はやや少な目だったように思います。スープがドロドロなので、全体としてはこの程度で十分のようにも思います。麺を食べると、ドロドロのスープが麺に適当に絡んできて、スープを味わいながら麺を食べるという形になります。
 また、具として入っていたチャーシューの風味がよくて、こちらは感心しました。
 とはいえ、この店のラーメンは、オーツの好みと違うので、再訪はありません。もっと熱いスープで、ハフハフしながら食べられたら、評価が高くなるだろうと思うのですが、……。
 この店のとんこつのスープはいつもこういう温度なのでしょうか。それともたまたまオーツが食べたときにそうだっただけでしょうか。もしも、後者だとしても、ラーメンの場合も一期一会です。最初に1回食べるときの味がすべてです。オーツは行く気がなくなりました。

無鉄砲 東京中野店ラーメン / 沼袋駅野方駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.9


posted by オーツ at 04:46| Comment(2) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
練馬にある「ます田」というお店も美味しいらしいですよ。近いうちに食べに行きたいと思っています〜ぜひ!
Posted by anut at 2019年01月13日 13:23
anut 様
 「ます田」@練馬駅 は、やや遠いので、なかなか行く機会がなさそうですが、話の種に一度は行ってみたいものです。
Posted by オーツ at 2019年01月14日 06:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。