2019年01月06日

江古田での正月風景

 オーツが過去の経験を振り返ってみると、毎年正月にあちこち(実家、旅先を含め)に泊まりにいったりすることが多く、江古田でお正月を過ごすことがあまりありませんでした。
 今年は、三が日を含め、その後5日まで自宅で過ごすことになりました。
 一番心配していたのは、食事のことでした。おせち料理は、年末に用意して正月に食べる保存食という意味を持っています。正月は近所の店が軒並み休みになり、普段の生活をしようにも、それができなくなります。
 最近は、コンビニが年中無休で営業するようになったので、以前のような問題はなくなっており、特に何も準備しなくとも何日間か暮らしていくことが可能になっています。食料不足ということはありえません。
 オーツは、最近知ったのですが、コンビニに加えて、江古田駅の北口にあるスーパー「ビッグ・エー」が普通に営業しています。こちらも年中無休だったのですね。スーパーが開いていると強い味方になります。年末に買い逃したものでも、十分買えます。となると、おせち料理の必要性がなくなってきます。
 年末に集中的な買い出しをする必要はなくなりました。何もあせる必要がないのです。

 元日は初詣に行こうと思いました。ビッグ・エーでの買物のついでに、江古田北口の浅間神社に行ってみたら、大混雑でした。参拝待ちの行列が入口から道路に続き、江古田の斎場近くまで伸びていました。いやはや、これでは入場までにどれだけ時間がかかるかわかりません。普段はこんなことないのに、やはり正月は特別な日なのですね。
 実は、正月三が日だけ、浅間神社の富士塚がオープンし、頂上まで登ることができます。
http://massneko.hatenablog.com/entry/2017/07/08/000000
https://nenza.net/2013/01/9419.html
富士塚に登ると、ホンモノの富士山に登るのと同じ御利益があるということです。これは科学的に正しい言説です。(ぶっちゃけていえば、いずれにせよ御利益ゼロですから。)
 登れる時間は 9:00-15:00 です。それを知っている人が列に並んでいるのだろうと思いました。
 オーツは、列に並ぶのがいやだったので、初詣は自宅の近所にある須賀稲荷神社に行きました。こちらはまったく人が並んでおらず、すぐにお参りできました。
 新年を迎えることができるということは、本当にめでたいことです。そういう感覚は、若いころにはあまりなかったように思います。歳を取ってくると、実感が湧いてきます。
 なお、2日に再度浅間神社に行ったときは、参拝待ちの列はさほど長くなかったので、並んで参拝することができました。富士塚は富士山の溶岩を運んできて作ったもののようで、ちょっと足を踏み外すとけがをしそうです。小さな子供も富士塚に登っていましたが、かなり気をつけなければならないもののようです。
posted by オーツ at 07:29| Comment(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。