2018年11月03日

寝落ちもしもし

 オーツは変なことばもあるものだと思いました。「寝落ちもしもし」(または「寝落ち通話」または「寝落ちもちもち」ともいう)というものです。
https://diamond.jp/articles/-/183478
 二人で(もしくは数人で?)ケータイを使って通話しながら、両方が寝てしまうまで「通話」状態にするというものです。
 こんな習慣があること自体、驚きです。
 いったいどんな人がしているのでしょうか。
https://jp.quora.com/%E5%AF%9D%E8%90%BD%E3%81%A1%E3%82%82%E3%81%97%E3%82%82%E3%81%97-%E3%81%AE%E7%B5%8C%E9%A8%93%E3%81%AF%E3%81%82%E3%82%8A%E3%81%BE%E3%81%99%E3%81%8B-%E9%9D%A2%E7%99%BD%E3%81%84%E3%82%A8%E3%83%94%E3%82%BD%E3%83%BC
 こんな経験談まで書かれています。
 とはいえ、ネットで検索しても、あまり記事が見つからないので、たぶん、できたてのほやほやのことばではないかと思います。
 twitter.com で検索してみると、上記の記事、およびそれを転載した各種サイトの記事がヒットすることが多く、新鮮な気持ちで調べることができました。
 まあ、記事1本だけでは、信頼性があるとは言えませんので、本当にこんなことが行われているのか、誰かが調べてみればいいと思います。
 オーツは、あまり調べる気が起こりません。
 自分には無縁だし、時間の浪費でしかないような気がしています。
posted by オーツ at 05:32| Comment(2) | ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
名付けられる以前から、親しい友人(特に恋人同士)で、画面付き通話(いわゆるテレビ電話)も含めて、(仕事や居住地などの理由で一緒に居られないが)一緒に居る、あるいは一緒に寝る気分を味わうために行われているようです(つまり寝落ちも通話の目的の一部)。料金が通話し放題だったり家のネット環境からスカイプで繋いだりすることで、可能になった習慣と思われます。行為は数年前からあったと思いますが、まだ名付けが確定していないと、遡って検索するのは難しいかもしれません。
Posted by 通りすがり at 2018年11月04日 08:45
通りすがり様
 コメント、ありがとうございます。
 オーツもかなり歳を取ったので、若い人の感覚とは相当にずれてきているとは思いますが、それにしても、信じられない行動であり、それが数年前からあったとはますます驚きです。
 まあ、今回は新しく命名された(かのような)ことで、今後はこういう言い方がなされるのかもしれません。
 ことばとしても不思議なものだと思いますし、何といっても、そのことばが指すものが不思議な現象なので、不可解なものという意味で記事にしました。
 今後も、このことば(およびそれが指し示す行為)について注意を払っていきたいと考えています。
Posted by オーツ at 2018年11月05日 04:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。