2018年09月04日

麹蔵 有楽町晴海通り店で飲む

 オーツは、妻と有楽町駅の近くにある麹蔵(こうじぐら)という店で軽く飲むことにしました。
https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130102/13020094/
 この店は、「奄美・鹿児島・沖縄料理」をうたっている店です。ビルの地下にあるのですが、入口がちょっとわかりにくかったです。
 出光美術館が 19:00 までだったので、19:10- に行くということで予約しておきました。
 この時間に実際に行ってみると、店内は客で満席で、新しく来た人はお断りという状態でした。金曜日の夜ですから、まあこんなことにもなるのでしょう。
 オーツは事前に予約してあったので、店に入れましたが、案内されたのはカウンターでした。二人ですから、まあ、カウンターでもいいですが、せっかくならばテーブルのほうがありがたかったですね。特に、左隣の二人連れの女性がタバコをスパスパやっていたので、そのそばに座るというのはかなり不満がありました。右隣の女性二人連れもタバコを吸っていましたかね。
 まあ、タバコをそこまでいやがるほどのことはないのですが、オーツも妻もタバコを吸わないので、両隣にそういう人たちがいる場所はなるべくなら遠慮したいところです。
 カウンターに座って、メニューを見ながら、注文品を検討していました。ところがなかなか店員さんが近くに来ません。満席だったので店員さんも忙しかったのでしょう。
 オーツは、まずは飲み物を注文しようということで、生ビール(サッポロ)580 円とマンゴードリンク 390 円を注文しました。しかし、飲み物が出てくるまでにも時間がかかりました。飲み物が出てから、しばらくしてお通し(レシートを見ると 400 円×2となっています)が出てきました。
 それから、順次注文した料理が出てきました。
 刺身盛り合わせ 900 円×2、自家製辛子レンコン 750 円、安納芋炭火焼き 650 円、きびなごの唐揚げ 580 円を食べました。
 オーツが飲んだものは、日本酒(日 純米吟醸 150cc)790 円、沖縄泡盛古酒(くら 25度)500 円(ロック)でした。
 刺身盛り合わせ(7点盛り)は、2人前から注文できます。カンパチ、有頭エビ、きびなご、シラス、カツオ、牛肉? 2種類でした。シラスはあまりおいしくありませんでした。他はおいしく食べられました。普通の居酒屋の刺身とはだいぶ違った感じで出てきました。肉は、何だったのでしょうか。もしかしてクジラでしょうか。
 自家製辛子レンコンは、レンコンの中にカラシが入っていて、それをフライの衣を付けて揚げたものです。6個に切ってありました。ピリ辛ですが、まあおいしく食べられました。しかし、2人で食べてもかなりの量でした。
 安納芋炭火焼きは、かなり甘くておいしかったと思います。バターが添えられていて、それと一緒に食べました。オーツは1切れで十分でしたが、妻がサツマイモが好きなので、残りを全部食べてしまいました。
 きびなごの唐揚げも、たっぷり出てきました。10匹以上が皿にのっていました。2人で食べてもちょっと食べ飽きるほどの量です。
 こんなことで、1時間半ほどで切り上げることになりました。
 最後に、店を予約した人向けに「鹿児島名物“しろくま”プレゼント!」ということで、これを頼みました。
https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130102/13020094/dtlmap/
 これは、白熊の顔を模したかき氷でした。木製の大きめのスプーンが付いていました。何も言わなくても、店員さんが取り皿2枚とスプーン2個を出してくれました。というわけで、二人でこれを食べたのですが、これまたかなりの量がありました。飲んだ後のかき氷というのはなかなかいいものです。しかし、結局、全部食べきれず、少し残してしまいました。
 会計すると、合計 6,840 円に消費税が付いて 7,387 円ということになりました。妻がソフトドリンク1杯だけでしたから、ちょっと安めにあがりました。飲んべえ二人組で行くと1万円くらいになりそうです。
 焼酎が充実している店なので、焼酎好きにはたまらないでしょうが、オーツは特に焼酎が好きというほどでもないので、せっかくのお店の特徴がプラスにならない感じがしました。

麹蔵 有楽町晴海通り本店居酒屋 / 日比谷駅有楽町駅銀座駅

夜総合点★★☆☆☆ 2.9


posted by オーツ at 03:45| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。