2018年07月30日

ドラム缶@江古田北口で飲む

 江古田北口に、最近、立ち飲みの店ができました。その名も「ドラム缶」といいます。
https://twitter.com/drumkanecd
http://s-nerima.jp/wp/121535
http://s-nerima.jp/wp/121924
https://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13223831/
 江古田の立ち飲みの店といえば、江古田南口に鎌倉酒店がありましたが、
2014.1.28 http://o-tsu.seesaa.net/article/386294791.html
だいぶ前に閉店してしまいました。
2016.12.2 http://o-tsu.seesaa.net/article/444519324.html
 その後、立ち飲みの店はなかったように思いますが、「ドラム缶」が新規開店したというわけです。
 カウンターの他に、奥の方にドラム缶がテーブル代わりに置いてあり、そこで飲みました。店頭(店の外側)にもドラム缶が3個ほど置いてあり、そこで飲んでいる人もいました。
 現金をドラム缶やカウンターの上のかごに入れておくと、注文品が届いたときに、お店の人がそこから該当する分を持って行く方式です。
 オーツは、生ビール 250 円を1杯飲んだ後は、日本酒にしましたが、八海山がグラスで提供されました。壁には「半合」と書いてありましたが、グラス1杯で 250 円でした。おいしくいただきました。
 つまみは、まぐろブツ 300 円を頼みました。ちょうどいい量です。ちなみに 300 円というのは、何とこの店の一番高価な一品です。もう少しわさびが多いとありがたいですかね。鳥の唐揚げ(3個)150 円も揚げたてでおいしかったですね。連れ合いはカレールー 100 円を食べていましたが、何と凝っているのでしょう。最も安いメニューは「しゅうまい」で1個50円です。
 ちなみにメニュー表の中に「おしぼり 50円」というのもありました。徹底してコストを削減するとこういうところにも値段がつくのでしょうね。
 この店は、安くてうまい店で、気軽に立ち寄れます。軽く短時間で切り上げるならこういう店で十分でしょう。
 あ、しかし、全体でいくらかかったのか、わかりません。注文品が来るたびにその都度払っていく方式は、全体金額がわからなくなります。まあ、最初に決まった額を入れておけばいいのでしょうが、……。

立ち飲み居酒屋ドラム缶江古田店居酒屋 / 江古田駅新桜台駅新江古田駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5


posted by オーツ at 03:50| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。