2018年07月29日

4歳の孫と「ジュラシック・ワールド/炎の王国」を見る

 4歳の孫は、恐竜が大好きです。おもちゃもいっぱい持っています。
 我が家に遊びに来たとき、録画してあった「ジュラシック・パーク」シリーズを見て楽しんでいましたし、「ジュラシック・ワールド」を見てもおもしろいと言っていましたので、では、今上映中の「ジュラシック・ワールド/炎の王国」
http://www.jurassicworld.jp/
を見せてあげようと思いました。
 事前に嫁に聞くと、すでに何回か映画を見ているようで、ただし、カーズとかのアニメだったり、子供向けの短編だったりで、長編の映画は初めてだそうです。まあ、しかし、オーツの自宅での孫の反応を見ていると、十分楽しめるのではないかと思いました。
 ちょうど台風直撃の日だったので、雨が降っていないにもかかわらず、長靴を履き、傘を持って行きました。出かける前にご飯を済ませ、トイレにも入ったということで、準備万端です。
 2人で向かったのは、ユナイテッドシネマとしまえんです。
 この映画、人気作品なので、何種類かのバージョンが上映されていました。4歳では、字幕がとても読めないので、日本語吹替版でないとダメです。吹替版には、2Dのバージョンと、4DX3Dのバージョンがありましたが、孫の映画館の体験が少ない段階ですから、普通の2Dのほうにしました。あまりに刺激的すぎると、怖がって見ていられないことになるかもしれません。そうなったら大変です。もしも上映途中で孫が怖がって出たいと言い出したときのことを考えて、通路に接したシートを予約しておきました。
 料金は、オーツがシニア割で 1,100 円、幼児が 1,000 円でした。
 何本かの予告編が上映され、注意事項などが示され、それから本編が始まりました。
 大画面と大音量で迫力ある映画でした。人間が恐竜に食いちぎられるシーンなどは小さな子供には刺激的すぎますかね。
 2時間を越える上映時間ですが、孫はけっこう熱心に見ていました。まったく怖がりませんでした。リアルな恐竜だったと思います。
 孫は、内容についてもかなりわかっているようで、終演後「恐竜が絶滅しなかったね」などと言っていました。
 エンドロールが流れ始めると、席を立つ人がかなりいたので、オーツたちも一緒に外に出ました。子供は、こんなものを見ていても何もおもしろくないですし。
 映画館から出ると、台風の影響で、雨も風もとんでもないことになっていました。孫は、傘を広げて歩けない状況でした。まあ、暖かい時期ですから、雨で身体が濡れても特にどうということはないと思います。
 オーツは、傘を差していたのですが、上着もズボンもビショビショになってしまいました。
posted by オーツ at 04:50| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。