2018年07月03日

南長崎スポーツセンターのプール

 とある暑い日曜日、小学2年生の孫がプールに行きたいと言い出し、オーツがついていくことになりました。
 行くのは、南長崎スポーツセンターのプールです。
http://www.minaminagasaki-sp.jp/center/
ここのサイトには「小学生は高校生以上の保護者の付添いが必要です。(保護者1人につき小学生3名まで)」と書いてあるから、保護者もプールサイドで見ているのではなく、プールの中で付き添わなければならないようです。オーツも、海パンとスイミングキャップ、ゴーグルを持って行きました。
 オーツの自宅から自転車で行くことにしました。小学2年生ともなれば、自転車であちこち行けるようになっています。
 ここは豊島区の区営プールのようです。7月〜9月のプールは2時間制ということでした。(厳密に規制されているわけではありませんが、まあ2時間も泳げば十分でしょう。)入場料は、大人 400 円、小学生が 200 円でした。
 プールはいくつかのレーンに区切られ、第1レーンは自由に泳いだり歩いたりできます。第2レーンは歩行用です。第3レーンと第4レーンはそれぞれ片道の水泳レーンです。基本的に途中で立ち止まらないようにします。第5レーン以降はよくわかりませんでした。
 孫は、やっと泳げるようになった段階で、もっぱら第1レーンにいました。クロールでは、左腕を空中で前に持って行くことがうまくできず、水の中で持って行くため、スピードが出ずに息継ぎもイマイチの感じです。オーツが平泳ぎを教えましたが、手足の同期がうまくできません。
 とはいえ、孫はかなり長く潜っていられるようで、ざっと数えてみると、20秒以上の連続潜水ができます。水に潜れるようになると、あわてて顔を水の上に出さなくてもよくなりますから、身体の自由が確保できるようになります。
 浮き輪も持って行きましたが、ちょっと大きかったですかね。孫が浮き輪につかまってオーツが引っ張るようなことをしました。
 そんなわけで、オーツは全然泳ぐことはせず、もっぱら孫の付き添いでしたが、それでもプールの中で歩き回ったため、けっこう疲れました。2時間というのはいい運動になったようです。
posted by オーツ at 04:03| Comment(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。