2018年06月14日

粘着ローラー

 さて、正式名称は何というのでしょうか。カーペットの掃除をするときに、クルクル回してゴミやほこりを粘着性の紙にくっつける掃除道具があります。ネット内で写真を探すと以下のようなものがありました。
http://www.tasucallshop.com/search/detail.php?prod=00000027779
これが大変便利なので、今回はその話をします。
 オーツがこれを使うようになったきっかけは、ネコの抜け毛の処理でした。
 洗面台の一角に洗濯済みのバスタオルが何枚か置いてあるのですが、あるとき、ネコがその上で寝ていることに気がつきました。そうなると、猫の抜け毛がバスタオルに付いてしまうと考え、妻がバスタオルの上に紫色の風呂敷を広げておきました。その後は風呂敷の上でネコが寝るようになったのですが、この風呂敷に猫の抜け毛がびっしりと付くようになってしまったのです。白い抜け毛です。風呂敷が紫色だったことも抜け毛を目立たせていると思います。
 今の時期、けっこう抜け毛がすごいので、掃除しようと思いましたが、それに適した道具がない……と思っていたところ、妻が以前から使っていた粘着ローラーがあることに思い至りました。
 これを使うと、風呂敷がおもしろいようにきれいになります。ほこりがまったく立ちません。オーツはこれが気に入って、カーペットなどもこれで掃除しました。カーペットもきれいになります。粘着紙にはネコの抜け毛だけでなく、人間の抜け毛やほこりの類も付着します。紙の粘着力がなくなったら、はさみで切ります。すると、粘着力が元に戻ります。
 ローラーをクルクル回して掃除をしていると、ロールペーパーがどこから始まるか、わからなくなってきます。そこで、紙を切り取ったときに、その部分をちょっと三角形に折っておきました。これで汚れた部分を切り取るときにスタート部分がひと目でわかります。
 この粘着ローラーはとても快適で、クルマのシートの掃除にも役立っています。
 こういう道具の発明者は誰なんでしょうか。ネットで検索すると、正解がわかります。
http://q.hatena.ne.jp/1250345796
 約30年前にニトムズによって作られたのですね。
 すばらしい発明だと思います。


posted by オーツ at 02:22| Comment(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。