2018年06月12日

内閣支持率で見る報道各社の偏向度チェック

 オーツは藤原かずえ氏の「内閣支持率で見る報道各社の偏向度チェック」という記事を読みました。
2018-06-04 https://ameblo.jp/kazue-fgeewara/entry-12381212490.html
とてもおもしろい記事であると思いました。
 マスコミが安倍政権の内閣支持率の調査を(毎週?)行っています。ところが、メディアによって支持率の数字がかなり異なるわけです。なぜこうなるかという問題も興味深いところではあります。各社とも、まさか鉛筆をなめなめ数字を書き直していることはないと思いますが、それにしては系統的な誤差ということで、いつも同じ偏りを示すことは不思議な現象です。
 さて、そのような偏りの原因はさておき、マスコミ各社の間で差が出るなら、それを平均してやればよいというのが記事の趣旨です。さらに、移動標準偏差の計算をして、どこで支持率の変動が大きかったかということと合わせて見れば、それなりのデータの読み方ができるというわけです。
 各社の数字がかなり異なることで持って、調査の結果が信頼できないという結論になってしまっては、せっかくの調査が活きません。ちょっと数字を加工することで、個々には偏っている(かもしれない)データでも、まだまだ情報が引き出せるということがわかります。興味深い話でした。
posted by オーツ at 03:25| Comment(0) | ニュース時評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。