2018年06月09日

サパナ@江古田北口でランチにベジタブルカレーを食べる

 江古田の北口にサパナというインド・ネパールレストランができました。
https://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13210242/
https://twitter.com/oishi_nepal
http://s-nerima.jp/wp/108863
 2017年6月にオープンしたようです。
 ある日のランチに、この店に行ってカレーを食べることにしました。
 オーツが行くと、まずはお冷やと紙のおしぼりが出てきました。このお冷や、氷入りですが、ぬるいのです。グラスに氷を入れて、常温の水を注いだようです。まもなく氷が全部溶けてしまいました。まあそれくらいになるとちょうどいい冷たさになったのですが、もう少し氷を多めにするなり、冷やした水を入れるなりしないと、客へのサービスとして問題のように思います。
 オーツはメニューを見てベジタブルカレーを食べることにしました。この店は辛さが5段階から選べます。オーツはこの店で一番辛い「5 激辛」にしました。最初の来店ですので、それよりも辛いものをいきなり注文するのもどうかと思ったわけです。
 ドリンクは(他のインドカレーの店でも同じですが)ラッシーにしました。
 さて、少し待っていると、サラダとラッシーが出てきました。ラッシーもあまり冷たくなかったのですが、こちらは大きめのグラスに氷がたっぷり入っており、ラッシーがどろどろの濃いものだったので、まもなく氷が溶けて、温度も濃さもちょうどよくなりました。
 さらに待つことしばし。カレーとナンとライスが出てきました。
 ライスは黄色いサフランライスで、小さなカップに入って出てきました。ライスとしては大した量がないと思いましたが、いざ食べてみると、けっこうな量がありました。カップにぎっしり入っているようでした。
 ナンは熱くておいしいと思います。
 さて、肝心のカレーはどうでしょうか。若干辛さに欠けると思いました。もっと辛いものがオーツの好みです。お店の人が辛さはどうかと聞いてきたので、オーツが「思ったほど辛くない」と答えると、お店の人は、テーブルの上のチリーペッパーの小瓶を指さして、これをかけると辛くなると教えてくれました。ばさばさとかけると確かに辛さが増して、オーツの好みの辛さになりました。
 オーツが食べている途中で、お店の人が、ナンのおかわりはどうかと聞いてきたので、もう1枚もらうことにしました。
 このカレーの辛さは、オーツの好みに合いそうです。次回、もう少し辛いものを食べて確認したいと思いました。
 ところで、テーブルの上に置いてあったランチメニューですが、お店の名前が「SAPNA サプナ」と書いてありました。ドリンクメニューには「SAPANA サパナ」とありました。オーツがお店の人に尋ねると、「SAPANA サパナ」が正しいとのことでした。2箇所間違えるということは、単なるミスプリではなさそうです。
 こういう、お店の名前が違ったままのメニューを使い続けるものでしょうか。オーツはこんな点にも違和感を感じました。
 ナンを2枚食べたので、おなかいっぱいになりました。
 オーツは満足感を覚えながら会計を済ませました。850 円でした。オーツの感覚ではちょっと高めでしょうか。「学生セット」が500円ですが、これは学生でないと注文できないとのことです。500 円と 850 円の中間がない感じです。ドアのところに「日替わりセット」650 円というのが書いてありました。毎日カレーの種類が変わるようですが、これがいいかもしれません。

サパナインドカレー / 江古田駅小竹向原駅新桜台駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.9


posted by オーツ at 04:15| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。