2018年06月05日

動かすTV 守るネット層

 オーツは日経新聞のサイトで読みました。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO31265280R00C18A6TCR000/
(2018/6/4 2:00)
論説フェローの芹川洋一氏の執筆による記事で、「動かすTV 守るネット層」というものです。「揺れる安倍内閣の支持率」という副題が付いています。
 安倍内閣の支持率の変動を見たものですが、年齢差がおもしろいところです。男性の60代と女性の20〜30代のパターンがよく似ており、このグループはテレビのワイドショーを見る層と重なっているということです。ワイドショーがどう報じているかを示したグラフも記事中にあります。ワイドショーを見ている人は、自然にそこでの論調に染まっていくのでしょう。

 これに関連して、テレビの論調がいかに偏っているかというデータもあります。
http://blog.livedoor.jp/hasegawa_yutaka/archives/52072015.html
こうなると、ワイドショーを見ている人々は、正常な判断、妥当な決定ができなくなってしまいます。
 このような状態を補うのはネットだということになりそうです。はじめからそう思っている人はすでにネットにアクセスしているでしょうから、ネットを使わない人にネットを使わせる努力をしないといけません。使わない人に使わせることは非常にむずかしいことですが。
posted by オーツ at 03:55| Comment(0) | ニュース時評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。