2018年04月04日

無添くら寿司 立川店

 オーツは立川に用事があって行ってきました。
 ランチには、無添くら寿司 立川店までクルマで移動しました。
http://www.kura-corpo.co.jp/store/detail/240
https://tabelog.com/tokyo/A1329/A132901/13096894/
 10分くらいで行ければ、1時間の昼休みで昼食を済ませて戻ってくることができます。
 オーツが 12:10 くらいに店に入ると、テーブル席に案内されました。回転寿司で一人で食べるときはカウンターに座るのが普通で、テーブル席を使うのは初めてです。一人で来店する客が増えたのでしょうか。
 オーツが食べたものを記録しておきましょう。シャリ野菜ビントロ、大盛あさり、鉄火巻、つぶ貝、赤えび(1貫)、うに入り海鮮軍艦、貝わさび、えんがわ(カレイ)の8皿で、864 円ということになりました。
 8皿で十分満足しました。
 「シャリ野菜ビントロ」は、シャリがなく、その代わりに野菜が使われていました。大根の酢漬けですね。オーツは初めて食べました。最近は糖質制限をしようとする客が多いので、店側もそれに対応したのでしょう。レーンを見ていると、何種類かの「シャリ野菜〜」が流れていました。
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1708/29/news120.html
 オーツは、食べた限りでおいしいし、寿司はシャリなしでもいいのではないかと思いました。2017.8.31 から提供を始めたようです。回転寿司もどんどん新メニューを用意するようでないと客が来なくなってしまうのでしょうね。ま、そのあたりが営業努力ということだと思います。
 他の皿もおいしくいただきました。みんな味よしで、大いに満足しました。
 レーンを回っているお皿に、一品ずつ蓋がしてあるのがくら寿司の特徴ですが、蓋の上にはこの皿が何であるかが明示されています。これはけっこういいです。見た目だけでは間違えて皿をとってしまいそうです。オーツの今回の経験では、「大葉いか」が「えんがわ」に見えました。取ろうとして、蓋の上の表示で気がつきました。レーンを回っている寿司の場合は、短時間で判断しなければならないので、間違えやすいと思います。このアイディアはなかなかいいと思います。

無添くら寿司 立川店回転寿司 / 武蔵砂川駅

昼総合点★★★☆☆ 3.3


posted by オーツ at 04:12| Comment(0) | 回転寿司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。