2018年03月30日

中高生の LINE の使い方

 オーツはスマホを使っておらず、LINE も使っていません。しかし、若者はたいてい LINE を使っているので、LINE がどのように使われているのか、興味がありました。
 ネット内を検索すると、LINE の使い方の記事がありました。
http://www.yomiuri.co.jp/fukayomi/ichiran/20170105-OYT8T50064.html
(2017年01月10日 05時20分)
鈴木朋子氏の執筆による「大人は知らない、子どもたちはLINEをこう使う」という記事です。1年以上前の記事ですが、まあ今でも状況は似たようなものでしょう。
 中高生はグループチャットをよく使っているようです。それ以外の使い方も説明されていますが、こういう使い方を知ると、これは子供の使い方だと思います。いわば、相互にいつもつながっていないといけないという感じです。大人は(少なくとも仕事を持っている場合は)こんなことができるはずもありません。仕事をしているときは、責任ある態度で他人と接したり、自分に任されたことをやり遂げなければなりません。LINE などにかまけているようでは仕事になりません。
 ある意味で、オーツは安心しました。
 LINE が子供向けメディアであるとわかれば、自分には不必要なものだということもわかります。
 そういえば、以前、mixi に参加していたときも似たような感想を持ちました。使い始める前は、一体 mixi とはどういうものだろうかと疑問に思っていました。しかし、誰かに誘われないと参加できないので、しばらく参加できずにいました。その後、参加することができて、日記をはじめいくつかの機能を使ってみましたが、以前に考えていたほどのことはなかったと思うようになりました。その後、こちらの seesaa でブログを始めたのでした。
 やっぱり、オーツの場合は、ブログとメールが自分に適しています。
posted by オーツ at 04:36| Comment(0) | パソコンとIT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。