2018年03月25日

自宅で乾麺の蕎麦を茹でるとおいしい

 オーツがおいしい蕎麦を食べる機会があるかと考えてみると、あまりありません。パーティーなどで、会場の一角に蕎麦のコーナーが用意されることがありますが、そういう蕎麦が比較的おいしいように感じます。長野県のあるところで経験したときは、パーティーに蕎麦職人が来ていて、その場で打った蕎麦を提供していましたが、確かにこの蕎麦はおいしかったと記憶しています。風味が抜群でした。
 そんな蕎麦にはなかなか巡り会えません。
 自宅の近所(江古田近辺)の蕎麦屋を一通り回ってみましたが、オーツの感覚では、どこもイマイチのように感じました。
 それよりは、自宅で乾麺の蕎麦を茹でるほうがおいしいように感じます。
 なぜ自宅の乾麺がおいしいのか。ちょっと考えてみました。
 第1に、蕎麦の量が調節できます。オーツは普通の1人前よりもちょっと多めのほうが満腹感があって好きですが、蕎麦屋ではなかなかそうはいきません。ざる2枚とかいう注文をすればいいのですが、いよいよ割高になってしまいます。乾麺は、90g から 100g で一束になっていて、それが一人前になっています。200g とかが、束に分けられておらず、直接袋に入っている場合もありますが、一人前は 90g から 100g くらいで計算されています。しかし、乾麺であればこのあたりを自由に調節できます。例えば、300g(3人前)を2回で食べるようにすると、1回あたり 150g 食べられます。オーツは、これくらいの量がちょうどいいと思います。満足感があります。
 第2に、薬味の種類と量が自由に選べます。オーツは、つゆにわさびを入れるとともに、刻みネギとわかめを添えて食べるのが好きですし、ミョウガもしばしば使います。薬味も少し多めがおいしいと思います。薬味なしだと蕎麦の味もイマイチになります。ところが、蕎麦屋では薬味が少な目に出てきます。いや、それが適量なのかもしれません。しかし、オーツは少な目と感じてしまいます。自宅で蕎麦を茹でれば、薬味の量も自分で調整できます。
 第3に、そばつゆも自分の好みにできます。蕎麦屋では、濃いつゆの場合もあれば薄いつゆの場合もあります。これは店の特徴ですし、主張ですので、客が適宜濃さを変えるというのは不可能です。しかし、自宅であれば、まったく自由に調整できます。
 そもそも、蕎麦を食べるときにつゆにどっぷりつけるのではなく、箸で蕎麦をつまんで下の方をちょっとつゆにひたせばいいのだという考え方がありますが、それはどうでしょうか。そうするくらいなら、つゆを薄めてどっぷりつける方がいいと思います。
 それ以外にも、いくつか考えられることがあります。
 茹でたてを食べることができることも挙げられます。これは、しかし、蕎麦屋でも同じでしょう。
 ゆで加減を調整することもできます。
 そば湯の量も自宅なら自由にできます。まあ、そんなにおいしいとも思いませんが。
 というわけで、自宅で乾麺を茹でるのは、自由度が高いので、意外といい方法のように思います。
posted by オーツ at 03:38| Comment(0) | 飲食物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。