2018年03月15日

レトルトパウチのキャットフード

 しばらく前のブログ記事で、オーツの自宅で飼っているネコがよく食べるキャットフードが売られなくなった話を書きました。
2017.10.18 http://o-tsu.seesaa.net/article/454260689.html
 その後、自宅近くのペットショップやマツモトキヨシなどでいろいろなレトルトパウチの餌を買ってきてネコに与えてみました。半年ほどの実験の結果、結論が出ました。
 ネコに与えるレトルトパウチは「何でもいい」ということです。
 ただし、felix(フィリックス)のシリーズ
https://item.rakuten.co.jp/petshoku/c/0000000890/
はダメでした。ネコの食いつきがよくなく、食べても吐き出してしまうことが何回かありました。それ以外であれば、kalkan でも、Mon petit でも、銀のスプーンでも、何でもよく食べます。
 最近は、それぞれシリーズ化されており、原材料に何を使うかに加えて、ネコの年齢でも区分されており、何十種類もあります。それらを1個ずつ買ってきて、一袋を3〜4回に分けて与えてみました。約半年で普通に入手できるものは一通り試してみたことになります。
 オーツは、ネコが特定の銘柄が好みなのだろうと考えていましたが、それは誤解でした。ネコは、レトルトパウチであれば何でもよく食べるのです。
 ちなみに、缶詰タイプのエサもありますが、こちらは、銘柄によって食べたり食べなかったりの差が大きいと感じます。それに加えて、缶詰自体が大きくて、それこそ何回にも分けて与えなければならないし、そんなことをしていると日にちが経って、エサがおいしくなくなって、ネコが食べなくなります。また、空き缶がゴミになりますが、分別して特定の曜日に捨てに行くのが大変です。レトルトパウチも袋がゴミになりますが、普通の容器・包装ゴミの日に他のものと一緒に捨てられて便利です。
 というような事情から、近所の店でレトルトパウチの餌を買うのが正解ということがわかりました。
posted by オーツ at 03:51| Comment(0) | ネコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。