2018年03月05日

孫を連れて再度あらかわ遊園に

 オーツは、しばしばあらかわ遊園に孫を連れて行きます。
https://www.city.arakawa.tokyo.jp/yuuen/
 前回行ったときのことは、ブログに書きました。
2017.12.27 http://o-tsu.seesaa.net/article/455809509.html
 先日は、7歳(女)と5歳(男)の孫を連れてまた行ってきました。パンフレットには「都内唯一の区立遊園地」と書いてあります。確かに、オーツはこれと同様の遊園地を他には知りません。浅草の花やしきが近いでしょうか。
 9:00 の開園とともに入場しました。
 入場時、ポニー乗馬の受付をしていましたので、10:30 の回に2人分の予約を入れました。
 それから、いろいろな乗り物に乗ったりして遊びました。
 オーツは孫を連れて何回かあらかわ遊園に来ていますが、そのたびに子供たちの好みが変わっていて、おもしろいものです。7歳の孫は、以前から観覧車が大好きで、どこの遊園地へ行ってもまずは観覧車に乗るほどだったのですが、今回は、あらかわ遊園の観覧車に乗らないというのです。ゆっくり回って1周するだけでおもしろくないというのです。孫の成長を感じました。
 もっとも、7歳になっても臆病というか、何でも怖がる方で、スカイサイクルに乗ったときなどは、高いところから落ちそうな気がすると言って、ゆっくり走るようにオーツに言いました。ファミリーコースターは日本一遅いコースターで全然こわくはありませんが、それも乗らないといいます。まあ、個性の表れでしょう。
 ポニーの乗馬体験は、狭いトラックを1周するだけですが、2人ともニコニコ顔でした。
 それから、オーツと3人で釣り堀に行きました。オーツは釣りが初めてでした。いや、思い起こせば50年前にちょっとやったことがありましたが、どうやったのかは忘れてしまいました。3人で1時間600円でした。これで釣り竿もイスも借りられます。エサは100円で3人が使いきれないくらいもらえました。
 3人で釣っていると、けっこう忙しいものです。オーツは途中から釣りをあきらめ、2人の孫の釣り針に餌を付ける作業をしていました。孫たちは、釣り竿の動かし方もへたで、よく釣り糸を絡ませてしまうのですが、それを外してやるのもけっこう手間がかかります。
 魚を釣り上げると、その場で離すのですが、7歳の孫はこれも怖がっていました。釣り竿の先の釣り針にかかった魚がピクピク動くのがこわいのだそうです。確かに、魚が跳ね回るので、慣れないと変な感じですが、魚なんてそんなものですから、なぜ孫が怖がるのか、オーツには理解できません。
 2人の孫は、2匹ずつ釣り上げました。釣り上げることができて、オーツは正直ホッとしました。1匹も釣れなかったら、釣り堀が嫌いになってしまいそうです。
 そんなわけで、いろいろ遊んで 15:00 くらいにあらかわ遊園を出ました。こんなにも長い時間あらかわ遊園内にいると疲れます。
 帰りのクルマの中では7歳の孫のほうは眠り込んでしまいました。
posted by オーツ at 03:36| Comment(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。