2018年02月17日

こども動物園高島平分園

 とある休日、オーツは妻と一緒に2人の孫を連れて板橋区のこども動物園高島平分園に行ってきました。
http://www.city.itabashi.tokyo.jp/c_kurashi/000/000167.html
 徳丸ヶ原公園の一角にある動物園です。料金は無料です。
 オーツたちは、ゲートのある方向から入ったわけではなく、脇道から入ったので、まるで動物園にきた感じがしませんでした。
 まずは、モルモットのだっこができるところに行きました。たくさんの子供たちがベンチに座って、係員が渡してくれるモルモットを膝の上に乗せることができます。2人の孫は、おそるおそるさわっていました。モルモットはきわめておとなしく、膝の上でじっとしています。1匹は背中につむじがあるような感じで、そこから外に向けて毛が広がっているようでした。背中をなでるときは、毛の方向になでるわけですが、ちょっとコツが必要でした。
 次に、ヒツジとヤギのエサやり体験でした。子供たちが、細く切ったニンジンを数本、係員にもらって、柵の隙間から口を出してくるヒツジやヤギにやるわけですが、ヒツジもヤギも舌が長く、それをペロリと出すので、小さな子供たちはここでもこわごわニンジンをやっていました。
 ポニーもいました。2010年生まれということで、そんなに図体が大きなわけではないのですが、たまに後ろ足で砂を蹴り飛ばします。孫の一人はこの砂を頭にかけられてしまいました。
 ポニーは、基本的にうろうろしているだけですが、木で作られた柵の一部をかじっていました。歯がかゆいのでしょうか。それとも食べ物と勘違いしているのでしょうか。いらいらしているのでしょうか。ポニーといっても、けっこう歯が大きく、それで木をガリガリかじるのは迫力がありました。鼻の穴も大きいし、目も大きいです。そばで見ると迫力があります。
 他にも、ウサギやインコやリスがいました。小さな子供たちにはちょうどいいくらいの小さな動物園でした。小さいので、無料がちょうどいいでしょう。子供たちが何回でも来て、見てさわって動物に親しむのにぴったりだと思います。
 オーツたちは、一通り見てから、そばの公園でブランコや滑り台で遊んで帰ってきました。
posted by オーツ at 04:27| Comment(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。