2018年02月13日

中国のシェア自転車の動向

 オーツは、中国のシェア自転車に興味がありました。
 このブログでは、日本に進出してきたことを記事にしています。
2017.8.29 http://o-tsu.seesaa.net/article/453063190.html
 このシェアサイクル、順調でしょうか。
 中国・上海の状況について、姫田小夏氏がレポートしていました。
「中国で猛烈普及の「乗り捨てシェアサイクル」が生む新たな混乱」
http://diamond.jp/articles/-/138211
2017.8.15
という記事です。気がつくと、オーツのブログ記事よりも前の記事だったのですね。
 共用自転車は、いい面もある一方、不都合な面もあるようです。
 こういうメリットもデメリットも、猛烈な普及があるからこそ強烈な印象を与えるのでしょうね。
 姫田氏は乗り捨て式の民間の事業者が普及させたことで、乗り捨てのマナーの悪さが問題になっているとしています。「乗り捨ては本当に歩行の邪魔になる。放置されて山のように堆積する自転車群もある」というのですから、不都合な面も相当に強烈なようです。シェアサイクルを壊す、川に投げ捨てる、盗んでネットで販売するなどの違反行為があると聞くと、さすがに中国人だなあと変なところで感心してしまいます。日本ではどうなのでしょうか。どうなるのでしょうか。
 これからも興味と関心を持って見ていきたいと思います。
2019.9.19 追記
 中国のシェア自転車は失敗したといえるかもしれません。
 そのあたりを記事にしました。
 よろしければご参照ください。
http://o-tsu.seesaa.net/article/461735317.html
posted by オーツ at 03:50| Comment(0) | ニュース時評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。