2018年02月02日

とろわる@江古田北口で息子と孫と会食(2回目)

 江古田北口にあるとろわるは、けっこうおいしい店だと思っています。
https://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13196182/
 以前、行った話はこのブログで書いたことがあります。
2017.8.22 http://o-tsu.seesaa.net/article/452880220.html
 先日、4歳の孫が息子と2人の食事よりも、みんなで一緒に食事をしたいと言い出したそうです。どこがいいか尋ねると「飲み屋さんがいい」と言ったとのことで、とろわるに行くことにしました。4歳にして「飲み屋」を知っているとは、う〜ん。
 オーツは 18:30 に店に着きました。息子と孫は少し遅れてやってきました。
 オーツたちは、テーブルの上に置いてあった本日のメニューなどから適宜注文しました。最後に会計したとき、レシートをもらったのですが、手書きのメニューの分は「カスタム商品」としか記載がないので、オーツの記憶で以下に書きます。メモしながら注文したのではなかったので、品名、金額とも不正確です。
 食べたものは、刺身盛り合わせ(赤エビ、真鯛、イカ)780 円、カキ4個と大根3個のおでん 880 円、魚のハムかつ(4個)680 円、浅漬け鶏肉の唐揚げ(4個)580 円、じゃこのおにぎり 250 円、牛ヒレ肉の串焼き(2本)680 円、ピリ辛坦々パクチーもやし 380 円でした。
 飲んだものは、生ビール 480 円×2、日本酒(燗)580 円×2(銘柄は忘れました)、フグのひれ酒 630 円、焼酎(お湯割り)松露 芋 380 円、焼酎(お湯割り)朝日(黒糖)480 円でした。
 以上合計 7,840 円に消費税を加え、端数 7 円を引いて、8,460 円となりました。
 孫は、いろいろ食べていました。おでんはカキと大根という珍しい取り合わせでしたが、いずれもいけました。大根は味がきちんとしみていて、温かくて、この季節にはぴったりです。孫は、カキも大根も残さず食べていました。魚のハムかつは魚のすり身を使ったもので、孫の大好物となりました。鶏肉の唐揚げはいうまでもなく孫の大好物でした。じゃこのおにぎりは孫がもっぱら食べていましたが、おいしそうに食べていました。オーツも少し分けてもらって食べましたが、確かにおいしいと思います。牛ヒレ肉の串焼きは金属製の串に刺さった形で2本出てきましたが、息子とオーツで食べました。これまたけっこうでした。
 というわけで、とろわるの料理はみんなおいしいと思います。小さな子供でもおいしく食べられます。いい店です。
 フグのひれ酒は、確かに焼いたひれが入っていましたが、ひれが焼きすぎで、味はイマイチでした。それ以外の日本酒は熱燗でおいしくいただきました。オーツは生ビールの他に日本酒を3合ほど飲んだことになります。ちょっと適量を超えてしまいました。しかし、楽しくおいしく飲めてよかったと思いました。
 とろわるには1時間ほどの滞在でした。おなかが温まって、寒い日にはこんなのが心地よいものです。

とろわる居酒屋 / 江古田駅

夜総合点★★★☆☆ 3.3


posted by オーツ at 03:47| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。