2018年01月26日

中華居酒屋 龍厨房@江古田南口で飲む(7回目)

 江古田南口にある龍厨房は、オーツがよく行く中華居酒屋です。
https://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13144270/
 安くておいしいので、妻が行こうと言い出すことが多いのです。
 前回もブログに記事を書きました。
2017.10.19 http://o-tsu.seesaa.net/article/454283458.html
 今回もまた3人の孫との会食を考え、日曜日に行くことになりました。
 実は、「わさび」
2017.12.17 http://o-tsu.seesaa.net/article/455597692.html
を第1候補にしたのでした。ところが、おもちゃが置いてある和室を予約しようとしたところ、すでに先約があるという話でした。やむを得ず、龍厨房に変更となりました。
 最初は大人4人(息子夫婦とオーツ夫婦)、子供(孫)3人でスタートし、途中で大人2人+子供2人が抜け、大人1人が大幅に遅刻して加わった形になりました。
 例によって、レシートを見ながら飲み食いしたものを書き留めておきましょう。
 シーザーサラダ 324 円、胡瓜ピリ辛 324 円、枝豆 324 円、鶏肉唐揚げ 324 円、マーボー茄子 324 円、椎茸とチンゲン菜炒め 324 円、カニクリームコロッケ 324 円、ポテトフライ 324 円、席料(お通し)324 円×4、お疲れ様セットA(生ビール、冷やしトマト、ザーサイ) 734 円、お疲れ様セットB(ハイボール、小籠包、マーボー春雨)842 円、ネギマ串(焼き鳥)324 円、五目チャーハン 324 円、焼き餃子 324 円×2、ライス 216 円、紹興酒(15年ものボトル)2,268 円、生ビール324 円、茄子味噌炒め 324 円、あんかけ焼きそば 324 円、ハイボール 324 円。以上の合計で 10,540 円でした。
 最初に、子供向けのメニューを選び、子供たちに食べさせました。よく食べました。カニクリームコロッケは4個出てきましたが、4歳の孫が2個食べ、あとの2人が1個ずつとなりました。早い者順でしたが、不思議とけんかにはなりませんでした。
 小籠包は3個出てきましたので、3人の子供が1個ずつ食べました。おいしかったようです。
 ポテトフライなどは3人で競うようにして食べ、あっという間になくなってしまいました。一方、意外なことに鶏肉唐揚げ(5個)は、2人の子供が「辛い」といって食べませんでした。食べ残したものをオーツが食べてみましたが、たしかにちょっと胡椒が利いていましたが、まあそれほど辛いとも思えませんでした。もう一人の子供は、そのまま普通に食べていましたし。
 焼き餃子も、子供たちは手を出しませんでした。おいしいのに、不思議です。息子は酢とラー油をつけて餃子を食べていました。オーツもマネをしてみると、意外においしく食べられました。醤油なしでもいいと思いました。
 オーツはそれぞれの料理をおいしく食べました。おいしいのに、この価格というのは立派です。他の店なら1皿で500円〜700円くらいといわれてもおかしくないものです。300円居酒屋を名乗るだけのことはあります。
 オーツはまた来ようという気持ちになりながらお店を出ました。

龍厨房中華料理 / 江古田駅新江古田駅新桜台駅

夜総合点★★★☆☆ 3.4


2018.4.6 追記
 再度、この店に行きました。
 その話を
http://o-tsu.seesaa.net/article/458617025.html
に書きました。
 よろしければご参照ください。
posted by オーツ at 05:11| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。