2017年11月24日

よく使われるプログラミング言語

 ちょっと気になることがあって、最近よく使われるプログラミング言語について調べてみました。

(1)http://news.mynavi.jp/news/2017/09/10/081/
 プログラミング言語ランキング上位5言語が載っています。
 1位 Java、2位 C、3位 C++、4位 C#、5位 Python だそうです。

(2)http://gigazine.net/news/20170724-top-programming-languages-2017/
 こちらでは、1位 Python、2位 C、3位 Java、4位 C++、5位 C# です。

 オーツが過去にプログラムを書いた経験でいうと、FORTRAN, COBOL, BASIC, PASCAL がメインでした。
 他に、少しだけ使ったものとしては、LISP, PL/1, SNOBOL, C, Perl あたりがありますが、まあ、数本のプログラムを書いた程度ですから、試用したレベルに過ぎず、実用的には使い物になりません。
 数百本のプログラムを書いた COBOL でも、その経験は40年も前のことですから、今、何も見ないで COBOL のプログラムが書けるかというと、かなり自信がありません。プログラム言語なんて、使わないでいると忘れてしまうものです。
 BASIC は、パソコンを使い始めたときに NEC の PC-100 および PC-9800 シリーズで使っていましたが、これも、使わなくなって数十年が経ちましたから、プログラムが書けなくなっています。(読むことはできますが。)
 というわけで、現在、実用的に使える言語というと、FORTRAN と Pascal くらいしかありません。いかにも年寄りのプログラマです。
 若い人には、今はやりの言語を習ってもらいたいものです。はやりの言語であれば、周りに相談できる人がたくさんいる状態になりますし、ネットで質問しても、すぐに答えが返ってくることでしょう。こうして自分の流儀を確立することができるというものです。

 なお、余談ですが、プログラムの書き手の年齢別に調べた結果もありました。
https://smartanswer.colopl-research.jp/reports/955e8e58-0206-4664-bad1-ea0d97e8d6d4
 50歳以上のところを見ると、オーツの場合とそっくりです。当時はそういうのが「常識」だったのですねえ。世の中の移り変わりを感じさせます。
posted by オーツ at 04:18| Comment(0) | パソコンとIT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。