2017年09月10日

衣類を買わなくなった

 最近のオーツの日常生活を考えてみると、衣類を買わなくなったということがあります。
 特に普段着です。普段着は、長期に渡って着ていても、あまり傷まないものです。傷んだら、価格も大したことないので、すぐに買おうと思っていますが、傷まないので買わないのです。
 下着も同様です。数年に1回くらいは買うでしょうか。それにしても、長く持つものだと思います。毎日風呂に入るときに交換していますが、それにしても傷まないと思います。
 靴下が一番傷むようです。毎日体重をかけて靴の中でこすられているわけですから、傷むのも当然です。それにしても、買うときは1回に10足くらい買いますから、こちらも数年に1回くらいでしょうか。
 歳をとってくると、持っている衣類の量が増える傾向になります。まだ着られるし、十分間に合っているのに、他人からもらったりします。こうして増えていくと、いよいよ衣類を買わなくなります。

 そんなわけで、気がつくと衣類を買う経験が激減しています。

 あまりにも買わないものだから、前回買った経験を忘れてしまいそうです。(歳をとって忘れやすくなったことも影響しているのかもしれません。)そこで、パソコンの中に、靴下はどこでいくらだった、ベルトはどこでいくらだった、パンツは、ランニングシャツは、……と記録するようにしました。また同じところで買うとは限りませんが、参考にはなるでしょう。
2019.3.9 追記
 この話に関連した記事を
http://o-tsu.seesaa.net/article/464531776.html
に書きました。
 よろしければご参照ください。
ラベル:衣類 普段着
posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | 買物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。