2017年08月26日

宝船 安中店

 オーツは、回転寿司の宝船 安中店に立ち寄ってみました。
http://www.takarabune.biz/annaka/
 以前は「かいおう」と言っていた店です。オーツは「かいおう」時代にもここに立ち寄ったことがあり、ブログ記事に書いたこともありました。
2015.9.2 http://o-tsu.seesaa.net/article/425189259.html
 その後、「かいおう」が経営破綻したという話を聞きました。
2016.11.4 http://o-tsu.seesaa.net/article/443491453.html
 今は、「宝船」になっているわけですが、単に名前を変えただけなのか、経営者が変わってメニューも変わったのか、気になります。
 ホームページはずいぶんとさみしい感じです。
http://www.takarabune.biz/annaka/
156席というかなりの大箱であるなら、それなりにきちんとしないとまずいのではないでしょうか。
 オーツがこの店に入ったのは、平日の 11:30 くらいでした。レシートを見ると 11:53 と書いてありますから、20分ちょっといたことになります。
 この店は、1皿の値段が 100 円と 150 円の2種類になっています。わかりやすいと思います。
 オーツが食べたのは、150 円皿がウニ、ホタテ、赤エビ、まかない軍艦、カンパチ、100 円皿が鉄火巻き、エンガワ、つぶ貝だったように思います。記憶をたどって書いていますので、正確ではないかもしれません。ともあれ、8皿で、消費税を入れて 1,134 円でした。
 食べてみてどうだったか。
 全般にシャリが小さめでした。
 ネタは普通です。それなりに食べられると思います。しかし、コストパフォーマンス的には、100 円回転寿司のスシローに負けている感じです。ホタテ(の貝柱)は、タッチパネルで注文したのですが、特急レーンで届いたものを見ると、ネタが小さく、迫力がありませんでした。写真とはちょっと違うかなあといった感じです。
 オーツはランチを千円以内で済ませたいと思っているのですが、気がついたら8皿食べていました。これでは千円以内で済むはずがありません。しかし、こうなったのは、シャリが小さいこと、ネタも小さいことが影響しているように思います。
 店内は156席もあるので、広々としていますが、客があまりいません。オーツは食後にトイレを借りたので、歩きながら店内を一通り見渡すことができたのですが、客は2組しかいませんでした。これは回転寿司としてはよろしくないと思います。客が少ないと、レーンに流している皿が少なくなりますが、レーンは陳列ケースの役目も果たしていてサンプルを見せているので、レーンに流れる寿司が少ないと客のほうも足が遠のくという悪循環に陥ってしまいます。すでにそうなっているのかもしれません。
 ホール担当の店員さんが2名いましたが、暇を持て余しているような感じでした。
 オーツが会計を済ませて店を出て、軽井沢方面にクルマを走らせてみると、200 メートルくらいのところに、かっぱ寿司がありました。宝船の並びと言ってもいい位置です。以前は、この位置にかっぱ寿司はなかったのですが、最近できたようです。調べてみると、2017年6月14日開店とのことです。宝船はかっぱ寿司ともろに競合しています。これは大変です。かっぱ寿司は全国に店舗を展開するチェーン店であり、1皿100円です。こんなのとまともにぶつかって勝てるでしょうか。オーツの予想ではきびしいと思います。値段が高めで内容がほぼ同じでは客足は遠のくでしょう。かっぱ寿司が混んでいるのかどうかまでは気がつきませんでしたが、宝船が現在の位置で長期にわたって営業を継続するのは極めて困難なように思いました。撤退が間近なのではないかと予想します。

回転寿司 宝船 安中店回転寿司 / 安中駅磯部駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.9


posted by オーツ at 02:42| Comment(0) | 回転寿司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。