2017年07月18日

テレビのボリュームを上げるようになってきた

 昨日のブログ記事で、オーツの耳が(年齢とともに)悪くなってきているのかもしれないということを書きました。
 そんなことを思ったのは、実はテレビのボリュームを最近だんだん上げるようになってきたことが思い出されたからです。
 普段、テレビのリモコンでボリュームを調整して聞いています。オーツの自宅のテレビでは、25くらいにするとちょうどいいと思っていました。妻が近くで掃除機をかけていたりすると、テレビの音が聞こえなくなるので、ボリュームを上げます。また、昔の映画などではボリュームの設定が違っていたのか、音が大きすぎてうるさいので、ボリュームを下げます。
 しかし、最近、気がつくと、ボリュームが25では若干聞こえにくいように思います。28から30くらいにするとちょうどいいようです。
 そんなことで、ふと気がつくと、ボリュームが以前よりも上がっていることが増えました。まさか、NHKなどがボリュームを落として放送するようになったとかいうことはないでしょうから、たぶん、オーツの耳が聞こえにくくなっているのではないかと思います。
 同じテレビを長期間使っていると、こんなことがわかります。頻繁にテレビを買い換えていると、せっかくの好機を逃してしまいます。いや、毎日テレビを見ながら聴力検査をしているわけではないのですが、……。
 あ、オーツは字幕付きの映画を楽しむことが多いのですが、もしかして、音声が聞き取りにくいので、字幕を好むようになってきたのかもしれません。字幕ならば、音声がどうであれ、読めますから。
posted by オーツ at 05:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック