2017年06月20日

父の日に息子一家から日本酒のプレゼント

 6月18日の日曜日は「父の日」でした。オーツは、そんなこともすっかり忘れて、とあるところに出かけていました。
 夕方、自宅に戻ってきたら、ちょうどぴったりのタイミングで息子が6歳と4歳の孫を連れて自宅にやってきました。予告もなしに現れるとは珍しい。
 すると、父の日だからということで孫たちの手でプレゼントが手渡されました。おや、これはうれしいものです。
 さっそくリビングで包みを開けてみると、「翁下原 純米大吟醸 2015」が1本入っていました。「おきなしもはら」と読むようです。長野県松本市の大信州酒造の銘酒で、オーツの好みの日本酒です。
 箱入りでした。その箱に息子が一言書いていました。「翁下原」のところに「じいじ したのおなかでてるよ。父の日ありがとう(息子の名前)」とあります。おもわずニヤリとしました。
 箱を開けると、冷たいままの日本酒が入っており、その上に、小さなカードがありました。「(6歳の孫の名前)ちちのひのぷれぜんとだよ〓 うらに(4歳の孫の名前)のめっせーじ」とありました。〓はハートマークでした。裏を見ると、「じいじだいすき(4歳の孫の名前)より」とあります。カードに感激しました。こういうカードがもらえて幸せを感じました。また、4歳の孫がひらがなが書けるようになっていることにも驚きました。ちょっと「す」が「お」に近くなっていましたが、十分読めます。
 いやはや、大変貴重な父の日のプレゼントになりました。
 月曜日、夕食時にこれを飲んでみました。
 いかにも純米大吟醸らしく、深い味わいがあって、近年まれに見るおいしさでした。今後、少しずつ飲むことにするので、しばらく楽しめそうです。(下の腹が出なくなるようになるといいのですが、……。)
posted by オーツ at 04:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック