2017年06月16日

バスによる追い越し

 オーツは、自分のクルマで走っているとき、いろいろなスピードで走ることがあります。
 ある朝、オーツが片道2車線の広い道路を走っていたときのことです。その道路の制限速度が 40km/h だったので、ちょうどそのスピードで走っていました。もしかすると、42km/h くらい出ていたかもしれません。片道2車線であれば、普通は制限速度が 50km/h くらいが多いように思いますが、ともあれそういう道だったわけです。オーツは中央寄りの車線を走っていました。前後にクルマはいませんでした。そのとき、オーツのクルマのはるか後ろから関東バスの路線バスが走ってきました。オーツのクルマの後ろに付く形というよりは、かなり車間があったように思います。バスは次第にオーツのクルマに近づいてくるような感じでした。
 そのときです。
 バスがスピードを上げて、ウィンカーを出して左側の車線に入り、オーツのクルマを追い越していったのです。
 オーツが制限速度で走っていたときでしたから、バスは明らかに制限速度違反をしたと思います。それはともかく、左側からバスに追い越されるとき、ちょっと恐い感じがしました。バスは車幅があるので、車線いっぱいの形で走ります。そういうのがエンジンを吹かして猛スピードで走って行くわけです。並んだクルマはびびります。
 オーツは、中央寄りの車線をそのまま走っていきました。
 バスは、オーツのクルマを追い越すと、中央寄りの車線に車線変更しました。オーツの前に出た形です。すると、前方の交差点の信号が黄色になりました。バスはスピードを落とすことなく、むしろ若干上げたような感じで交差点を横切って向こう側に走り去りました。バスが交差点を渡るころには赤信号になっていたように思います。
 バスでもこんな運転をする運転手がいるのだなあと思いました。
 オーツがバスを利用するとき、たいていの運転手は制限速度厳守で、慎重に安全運転を心がけています。他のクルマを追い越すようなことはまずありません。むしろ、バスがバス停で止まるたびに、乗用車などが停車しているバスを避けて、その横を走って行く場合が多いものです。つまり、バスは道路の流れよりも遅く走ることが普通です。
 今回の経験は、驚きの珍しい経験であったと思います。
ラベル:バス 追い越し
posted by オーツ at 05:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック