2017年06月10日

粉瘤

 オーツの左肩の背中寄りのところに「こぶ」状のものができました。大きさは直径 2cm くらいです。何年か放っておいたのですが、妻のすすめにより、切除しようということになりました。
 皮膚科の医者に診てもらったところ、粉瘤(ふんりゅう)というものだそうです。
 最近は、ネットがあるので、症状や病名がわかれば、ネットを検索していろいろなことがわかります。医者の説明よりも詳しいし、何回でも読めるので、こういうのがありがたいように思います。
https://medical.yahoo.co.jp/katei/090842000/
http://nagase-keiseikai.com/newpage23.html
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B2%89%E7%98%A4%E8%85%AB
 翌週、時間を決めて手術ということになりました。オーツは手術台の上に腹ばいになりました。両手をバンザイする形で上に伸ばした姿勢になります。左肩に局所麻酔の注射がありました。ちくっとします。やがて麻酔が効いてきて、痛みを感じなくなります。それから、当該部分を触られる感じが続きました。どんなことが行われているのか、まったく見えません。
 そのうち、右肩が痛くなってきました。普段から、オーツの右肩が痛いのですが、腹ばいの姿勢で、バンザイの形を続けると、肩の痛みがひどくなったのです。右の手だけ下げる形にしました。
 手術は1時間くらいかかりました。粉瘤を切り取り、縫合し、上からテープで留めて終わりです。
 医者は、切り取った部分をオーツに見せてくれました。1.5cm くらいの卵の形で皮膚と同じような色をしていました。ちょっと気持ち悪いです。
 こんなことで、無事に治療ができたのですが、オーツは以前にも粉瘤を経験していました。15年くらい前でしょうか。そのときも手術で切り取っているのですが、そのことをまったく覚えていないのです。どこの皮膚科に行ったのでしょうか。妻に背中を見てもらうと、手術跡が残っています。だから、確かに粉瘤の手術を受けているのです。オーツはまったく覚えていないということに驚きました。こんなことってあるのでしょうか。自分の体のことなのにです。まあ、背中は見えないので、意識しにくいということはあるでしょうが、……。
2017.6.12 追記
 手術後に肩を濡らさないように入浴しました。
 その話を
http://o-tsu.seesaa.net/article/450783212.html
に書きました。
 よろしければご参照ください。

2017.7.10 追記
 その後、抜糸をし、背中のテープの貼り替えを継続しました。
 その話を
http://o-tsu.seesaa.net/article/451667497.html
に書きました。
 よろしければご参照ください。
ラベル:粉瘤 手術
posted by オーツ at 05:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック