2017年06月08日

4階まで階段を登ると

 オーツは、毎週のように、とあるビルで4階まで行くことがありますが、このビルにはエレベータがないので、行くたびに階段を使って登っていきます。
 1階から2階へ。特に問題はありません。普通に登れます。
 2階から3階へ。このくらいになると、苦しくなってきます。どこが苦しいと言っても、特に、どこと明示することはむずかしいのです。階段を上がる足が重くなる感覚です。
 3階から4階へ。このくらいになると、スタスタと登れません。階段をゆっくり登る形になります。何となく身体全体が疲れる感じです。あえていえば尻の下の筋肉でしょうか。(そんなところの筋肉は使っていないのですが。)心臓はもちろんドキドキしています。4階の部屋に入ると、呼吸も荒くなり、息を切らしつつあいさつをしたりします。
 もう少し若いころは、こんなに疲れることもなく、普通に4階くらいは登れたのですが、最近は4階が大変な感じになってきました。
 う〜ん。オーツが歳をとったということでしょうか。
 もしもエレベータがあれば、ぜひともエレベータを使いたいものだと思います。
 1階から、階段をゆっくり登ってみるようなこともしてみたのですが、効果はありません。やっぱり4階が近づくと、息が切れ、階段を登るスピードが落ちてしまいます。
 オーツの自宅は3階建てですが、エレベータが付いています。1階から2階まではエレベータを使うよりも階段のほうが早いので、もっぱら階段を使ってきました。そこで、1階から3階に行くときだけにエレベータを使っていました。しかし、最近は、1階から2階に行くときもエレベータを使うときがあります。
 だんだんオーツの身体が弱ってくるような気がしています。
 オーツの勤務先では、オーツ自身は4階までエレベータを使っていますが、周りを見渡すと、階段で4階まで登っていく「階段組」の人がたくさんいます。
2011.4.6 http://o-tsu.seesaa.net/article/194468798.html
ちょっとうらやましいのですが、オーツがそんなことをすると、その後が大変になりそうです。まれに、このエレベータが定期点検をしていたりして、階段を登ることになることがありますが、たいてい、4階まで登ると一休みしています。
ラベル:階段 エレベータ
posted by オーツ at 03:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック