2017年05月21日

クルマのドアミラーを下に向けたら

 オーツは、借りている駐車場にクルマを入れるとき、ギリギリ左側に寄せてクルマを止めるようにしています。左側には縁石があるので、クルマの左側のドアミラーを下側に向けて、縁石にぶつからないようにしています。
 この駐車場にクルマを入れると、あとはクルマから離れるので、電源スイッチを切ってしまいます。
 たいていこのようにしていますが、すると左側のドアミラーが下を向いたままである場合があります。
 クルマに乗ると、普通はすぐに気が付くので、ドアミラーを正常位置に動かして、左後方が見えるようにしています。
 ところが、先日は、ドアミラーの向きを直すことをうっかりしてしまいました。狭い路地を抜けるために、ドアミラーを見ずに運転していたのです。その後、何車線もある道路を走っているときに、左の車線に移ろうとして、ドアミラーを見たら、路面が見えました。後ろが全然見えないわけで、一瞬、なぜこうなのかと疑問に思いました。目くらましにあったかのようで、ひやりとしました。こういうのは、とても危ないと思いました。
 ミラーは、見たいときにさっと見られるようでないと、意味が半減します。首をひねって左後方を確認するのでは不十分です。バックミラーとも違います。やはりドアミラーはドアミラーなりの存在価値があると思います。ということで、いつもドアミラーが見られるようにしておかなければならないということです。
 オーツは、車線変更をせずに、走りながら、ドアミラーの方向を変えましたが、けっこう怖い思いをしたものです。
posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック