2017年04月25日

小学1年生の孫はケータイを持ち歩く

 オーツの孫の一人は今年小学校に入りました。その段階で、親がケータイを買ってやったようです。学校に持って行くかばんのポケットに収まっていました。小学1年生でもケータイを持ち歩くのですねえ。
 とても簡単なケータイで、1がママ、2がパパということで、3と4が空いていました。そこにオーツと妻の番号をセットしました。セットは、さすがに本人では無理で、息子がやってあげました。
 孫のケータイからオーツのケータイにかけてもらい、その番号をオーツのケータイに記録しておきました。(パソコンにも記録しました。)
 何かの緊急時には、お互いに電話をかけることがあるかもしれません。たいていは電話することはないと思いますが、どんな突発的なことが起こるか、わかりませんから、普段から備えておくことが大事です。
 ケータイの番号をお互いに知らせておくことは、その第一歩です。
 もっとも、オーツはケータイの着信音が鳴っても出ることはないのですが、……。まあ、大地震とかのときなら、マナーモードを外し、着信音が鳴ったらすぐ出るようにしますが、そんな大事件はオーツが死ぬころまで(あと30年くらいのうち)にあるでしょうかねえ。
posted by オーツ at 04:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449313183
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック