2017年03月26日

韓国で食べたスンドゥブチゲ

 オーツは2泊3日で韓国に行ってきました。ちょっとした用事があったためです。
 で、2日間とも、昼食時にはスンドゥブチゲを食べました。1日目は忠南大学の学生食堂で、2日目は仁川国際空港の4階にある韓国料理のレストランでした。こちらは 14,700 ウォン(ほぼ 1,470 円相当)でした。空港はやっぱり高いです。忠南大学の学生食堂のほうは、先方の負担で食べましたので、いくらだったか、正確にはわからないのですが、4,000 ウォンではないかと思います。
 オーツは、江古田の韓国料理の店・済州(チェジュ)でスンドゥブチゲを食べることが好きだったので、
2013.10.15 http://o-tsu.seesaa.net/article/377541761.html
機会があって、本場・韓国に行ったとき、試してみたいと思ったのでした。
 さて、食べてみた結果、どうだったか。
 意外なことに、両方とも、済州(チェジュ)のスンドゥブチゲを越えるものではありませんでした。適度に辛くて、強い火で調理してあり、海鮮の材料なども使っていて、一見しておいしそうなのですが、食べてみると、さほどでもありませんでした。もちろん、まずいということはないのですが、おいしいスンドゥブチゲを期待していたオーツとしては残念な気持ちになりました。
 江古田の済州(チェジュ)が、変わった調味料でも使っていたのか、日本人向けに味を変えていたのか、理由はよくわかりませんが、ともかく、オーツの結論としては、済州(チェジュ)のスンドゥブチゲは、本場のものよりもおいしかったということがわかりました。こんなものが 600 円で食べられたことを喜ぶべきなのでしょう。済州(チェジュ)が閉店してしまったことが実に残念でなりません。
posted by オーツ at 03:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック