2017年03月21日

小料理あきもと@下高井戸北口でチョイ飲み

 オーツは仕事からの帰り道、下高井戸の北口にある「小料理あきもと」に一人で立ち寄りました。
http://tabelog.com/tokyo/A1318/A131809/13187457/
https://shimotakaido.tokyo/izakaya/akimoto/
 時間は 18:00 くらいだったでしょうか。カウンターには先客が3人いました。みんな中高年のおじさんといった感じでした。
 オーツは一番奥のカウンターに座りました。まずお通し(青菜のおひたし)が出てきました。そこで「熱燗」450 円を注文しました。おかみさんがお燗をしている間に、ホワイトボードのメニューを見てみました。何を食べようかと思ったのですが、あまり選択の余地がないように感じました。数えてみると36種類が並んでいました。しかし、どれも食べたい!という感じのものがありません。メニューには、味付け海苔とか缶ビール(!)とかが書いてあります。おかみさんも「簡単なもの中心です」と言っています。
 いろいろ迷った上で「ししゃも」 400 円に決めました。
 かなり時間が経って、日本酒の熱燗が出てきたところでししゃもを注文し、お通しを食べながら日本酒を飲みました。しかし、これは熱燗ではありません。ぬる燗か、それよりも少し温度が高いくらいです。オーツの好みはもっと熱いものです。
 お通しだけで日本酒1合を飲んでしまったので、さらにもう1本追加注文し、今度は「さっきよりも熱くして」と注文をつけました。
 今度は熱燗が出てきました。これくらいを標準にしてもいいのではないかと思います。
 さて、ししゃもですが、これが出てくるまでにも時間がかかりました。せっかく熱い熱燗が出ているのに、肴がありません。少し待っているとししゃもが出てきました。
 どうも、この店は注文品が出てくるまで時間がかかるようです。しかし、オーツのようにチョイ飲みでさっと切り上げたいときはこのタイミングと合いません。
 ししゃもは普通においしくいただきました。
 ここまででお会計としました。1,600 円でした。逆算すると、お通しが 300 円ということです。店にいた時間は40分くらいだったでしょうか。
 オーツの感覚では、再訪はなしです。下高井戸駅の近辺にはいろいろな店が立ち並んでいます。その中で、わざわざこの店を選ぶ理由はありません。
 実は、オーツがこの店に行くのは2度目なのですが、前回は3人で行ったところ、職場の同僚が二人いたりして話が盛り上がり、どんな店かよく覚えていない状態になってしまったのでした。



関連ランキング:割烹・小料理 | 下高井戸駅松原駅明大前駅


posted by オーツ at 04:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448186567
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック