2017年02月07日

電話の送受信がうまくできない

 オーツが書斎の机の上に置いてある電話機が故障したような感じになりました。
 受信はかろうじてできます。FAXも受信しますし、留守番電話機能も録音・再生とも動いています。
 しかし、音声で通話しようとすると、ガリガリした雑音が入ってきます。相手の声のボリュームも以前より小さいようです。送信も受信も同じです。相手も「雑音が入る」といいます。
 1ヶ月くらい前から調子が悪かったのですが、最近、ダイヤルしても送信できなくなってしまいました。受話器を取り上げると「ツー」という音が継続的に出るわけですが、それが途中で(数秒後に)止まってしまいます。これは直すしかないと思いました。
 まず、電話の仕組み全体の中で、どこが悪いのか、原因を突き止めることから始めました。
 オーツの自宅には、電話回線2回線が引き込まれています。オーツが使っている分と妻が使っている分です。電話機はそれぞれにつながったものがあります。他にも以前使っていた古い電話機があります。それらを相互につなぎ替えたりしてみると、電話機が故障しているのではないという結論に至りました。では、回線がおかしいのだろうということで、KDDI に電話して、係の人に症状などを説明しました。すると、KDDI から光回線経由でモデムに達しているが、それには故障はないだろうということでした。
 電話で相談したときに言われたとおりに、モデム、ルーター、電話ケーブルなどをチェックしました。
 その結果、自宅の壁の中の電話回線がおかしいという結論に至りました。
 ルーターに電話回線用のケーブル受け口があります。ここに電話機を直接つなげてテストしてみると、ノイズが入らず、ちゃんとつながります。一方、オーツの書斎の壁に設置されているケーブル受け口に電話機をつなぐと、雑音が入ってきます。ということは、両者をつなぐ部分、つまり壁の中の配線がおかしいのだという結論になります。
 KDDI に再度電話して、工事の人に来てもらうことにしました。
2017.2.19 追記
 工事の人に見てもらった結果を
http://o-tsu.seesaa.net/article/447135963.html
に書きました。
 よろしければご参照ください。
posted by オーツ at 03:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446744873
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック