2017年02月03日

歯磨きしていると口の中からクスリが出てきた

 オーツは何種類かのクスリを常用しています。
 先日、クスリを飲んでから、しばらくして歯を磨きました。口の中に貯まった歯磨きの泡を洗面台のボウルの中にペッと吐き出したところ、カランという音がしました。なんだろうと思って確認してみると、先ほど飲んだはずの白い錠剤でした。直径数ミリ程度のものです。
 オーツは驚きました。クスリは全部飲んでしまったと思っており、まさか口の中に残ったクスリがあるとは思ってもいなかったので、それが出てきたこと、さらには口の中にクスリが残っていても気がつかないことがあることを不思議に思ったのでした。
 口の中に錠剤があれば、普通に気がつきそうなものです。
 もしかすると、加齢によって、感覚が鈍感になっているのかもしれません。
 いや、先日奥歯を抜歯したので、その抜歯跡にクスリがすっぽりと収まってしまったのかもしれません。
ラベル:歯磨き クスリ
posted by オーツ at 04:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック